【サッカー人気1位】課題になる作りの“コストダウン” 水を…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

ユースから昇格したルーキーたちの挑戦。 プロサッカー選手という職業を選んだ覚悟を体現せよ

 

山根陸が巧みなターンで前を向いて強烈なシュートを放てば、西田勇祐は鋭い出足からのインターセプトでボールを奪う。J1トップクラスの実力者が集まるマリノスでも物怖じしないどころか、モチベーションの高さを勇猛果敢なプレーで表現できている。それを可能にしているのは、プロサッカー選手として生きていく覚悟だろう。

 

 

毎日の厳しいトレーニングについて西田が「ハードな中でも高い質を求められるのがプロ。でも、この強度の高さはシーズンを戦っていく中で生きてくると思う」と早くも公式戦の舞台を見据えれば、山根は「プロの世界に入ったからにはお客さんではいけない」と語気を強める。真剣な眼差しは18歳という年齢をまったく感じさせない。

 

 

この時期のユース出身選手といえば、まだ高校を卒業していない若者である。周囲には大学受験や就職活動に必死な人間もいるはず。そういった中で、彼らはプロサッカー選手という職に就き、実力至上主義の過酷な環境で戦いをスタートさせている。

 

410732e6929a040dd4c6454865ef7753

(残り 819文字/全文: 1272文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 山根陸 西田勇祐

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ