【サッカー人気2位】【J激論】天皇杯で”惨敗”相次ぐ。風雲…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「宮市はここまで本当にハードワークし続けて、手を抜かず、いつでもいい状態でパフォーマンスしてくれていた。彼だけではなく選手全員が悔しいと思っているはず」(マスカット監督)他 [浦和戦後コメント]

 

[コメント]

ケヴィン マスカット 監督

「見て分かるとおり2つの面が見えた。前半は多くのチャンスを作り、支配したゲーム展開になって、素晴らしい内容のサッカーをしてくれた。しかもアウェイという難しい場所でああいうサッカーができたのは本当に素晴らしい。しかし後半の失点は残念な気持ちでいっぱいだ。最初の2ゴールは似たようなやられ方だった。3点目も予測のところだと思う。とにかく自分たちのやっていこうとするサッカー、支配する内容も見せられた試合にはなったが、選手たちも悔しいと思うし、自分たちにとって残念な結果で終わってしまった」

 

――素晴らしいサッカーだったが、前半3点をリードしたチームがカウンターで2点取られることは通常は考えられない。失点の仕方についてどう考えている?

「もっと守備を改善できると思う。点を取られた最後のところをフォーカスされると思うが、そこだけでやられたのではなく、その前の段階でどうボールに行ったのかということもある。前半が終わって、後半の立ち上がり早々にゴールを奪われてしまったこともそうだが、そこからうまくできなかった。選手たちは悔しい思いでいっぱいだと思うし、勝点3を取れた試合でもあったが、最終的には勝点を逃してしまった。アウェイの浦和という難しい場所でこのようなサッカーを選手たちが見せてくれたことは、不思議な感覚ではあるが、いい部分はあったと思う。結果はついてこなかったが、マリノスのサッカーを選手たちが表現してくれたと思う」

 

 

――宮市亮選手は大幅に出場機会を増やしている中であと一歩という試合が多かったが、今日のプレーは素晴らしかったと思う。監督の評価は?

「宮市はここまで本当にハードワークし続けて、手を抜かず、いつでもいい状態でパフォーマンスしてくれていた。今日はしっかりとゴール、アシストという形で結果も出たが、それ以上に彼がこの結果について悔しい思いをしていると思う。彼だけではなく選手全員が悔しいと思っているはずだが、受け止めなければいけない。自分が責任を負わなければいけない部分もあるが、もっと勝点3を取れるように、もっと自分たちがやろうとしているサッカーを続けられるように見せていきたい。もっとやっていかなればいけないし、守備も改善しなければいけない。自分たちのサッカーを続けてやっていくことが大事だし、いい準備をして次の試合に向かっていきたい」

 

 

――宮市選手の左サイドは前半の攻撃の起点になっていた。攻撃の狙いとして選手たちに授けていたものは?

「左サイドを狙っていこうということはなかった。常に両サイドで支配していくサッカーを目指しているし、宮市もしっかりと彼のプレーを生かしたところが出たと思う。ビルドアップもそうだし、テンポも相手の陣地でボールを支配することをいつも目指している。その中で今日はみなさんが見たように、左サイドが目立ったと思うが、右サイドの水沼もしっかりと入っていってゴールを奪うシーンもあったし、左がどうこうということではなく、右サイドでも支配することを目指している」

 

 

FW 17 宮市 亮

――あとは結果だという状況でやってきた中で、1ゴール1アシスト。結果を出せたことについてどう感じている?

「個人的にはうれしいことだけど、それよりも追いつかれてしまった悔しさが残る試合になった」

 

 

――ゴールの場面はスペースのない中で難しいシュートだったと思うが、振り返ってどうだったか?

 

 

ヨコエク

(残り 2947文字/全文: 4429文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ