【サッカー人気2位】【J激論】天皇杯で”惨敗”相次ぐ。風雲…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

浦和レッズ戦から一夜明けた練習風景。 ポジティブに準備を進める様子が随所に見られた [練習レポ]

 

悔しすぎる引き分けから一夜が明け、マリノスはすでに次へ向かってリスタートの一歩目を踏み出している。

練習開始前にはケヴィン・マスカット監督を中心にして円陣を組み、短い時間ながら選手へメッセージを伝えた。

 

 

「結果を見ると悔しさは感情的な部分として残るし、それは現実として受け入れなければいけない。でも浦和相手にどれだけのサッカーをできたかはみんなわかっていると思う。それを次につなげていくことが大事だし、ポジティブに準備していくことが大事」

 結果だけにとらわれるのではなく、内容をしっかり精査する。指揮官の姿勢は一切ブレていない。

別メニュー調整はエウベルのみ。チームトレーナーとともにウォーキングやゆっくりとしたペースのランニングをこなしている様子を見ると、復帰戦はもう少し先になりそう。筋肉系の故障を再発させないために、いまは焦る場面ではないのだろう。

 

 

練習風景や選手の表情を見るかぎり、メンタル面の心配は必要なさそうだ。この日は試合翌日ということでリカバリー中心のメニューだったが、暗く落ち込んでいる雰囲気はまったくない。ウォーミングアップやクールダウンでは随所に笑顔もこぼれていた。

 

 

 

ヨコエク

(残り 444文字/全文: 981文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ