「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「自分でも全然物足りないし、誰が見ても『あ、違うな』という存在になりたい。常にいい準備をして、いいコンディションを保って、出た時には違いを作れるようにやっていきたい」(渡辺皓太)他 [練習コメント]

 

[コメント]

ケヴィン マスカット 監督

――あらためて浦和戦をどのように消化している?

「試合が終わってから時間は経っているが、自分の考えは特に変わりない。結果だけ見れば感情的になる部分が悔しさとしてある。でも自分は結果だけを見ることはないし、どれだけの内容のサッカーをできたか。ピッチ上で表現してくれた部分は多かったので、次の試合に向けてポジティブな気持ちで準備している。悔しい結果というのはあるけど、それを力に変えてどうやっていくか」

 

――トレーニング前の円陣を組んで話をしていた。どういった内容だった?

「結果を見ると悔しさは感情的な部分として残るし、それは現実として受け入れなければいけない。でも浦和相手にどれだけのサッカーをできたかはみんなわかっていると思う。それを次につなげていくことが大事だし、ポジティブに準備していくことが大事なので、そういったところを話した。悔しさをバネにしてやっていきたい」

 

 

――浦和戦の反省を生かして前向きにやっていくために、監督からどういった働きかけをする?

「シーズンの最初もタイトな日程があったが、短期間でどれだけリカバリーできるかが大事になる。こういったスケジュールになった時は常日頃から選手にそれを伝えている。それと悔しさはあるが、そこだけにフォーカスするのはどうかなと自分は思う。アウェイの地で、浦和というチームに対して、本当に支配した部分が多かった。ああいった内容でできたことはプラスだと思う。それでも悔しさはあるが、横浜に勝点1を持ち帰ってきた。悔しさを力にして、チーム一丸となってやっていくことが大事」

 

――福岡戦まで中2日になる。メンバーを選ぶ際の考え方は?

「短期間で次の試合があり、飛行機での移動もある。優秀なメディカルスタッフがいるし、フィジカルコンディションのコーチがいるので、自分たちは変わらない。やるべきことは自分たちのサッカーを貫くこと。誰がいまベストなのかを見極めて、次の試合で誰を使って自分たちのサッカーを変わらずできるか」

 

 

――最近は連戦でもケガ人を出さずに戦えている。選手たちのコンディションについてどのように考える?

「中2日でやっていくためには一人ひとりのコンディションが大事になる。大きなリスクを負わずに選手を入れ替えてやることが大事になる。選手ひとりずつが必要とされていることを理解し、誰が出てもいい状況にしなければいけない。それを理解して練習や試合をこなしていると思うので、ひとりずつがコンディションの重要性を理解していると思う」

 

 

MF 6 渡辺 皓太

――ACL後初めて先発した手ごたえや満足感は?

「立ち上がりや前半はうまくコントロールできたかなという感じはあった。それを後半も続けてできなかったので、そこは反省かなと思う」

 

 

――後半開始してすぐに失点し、強度が出なくなった。その要因は?

 

 

ヨコエク

(残り 1272文字/全文: 2522文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ