「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「(次の試合は)大切な選手がひとり出られないけど、誰が欠けても、誰が出ても自分たちのサッカーをする。それを見せていきたい」(藤田譲瑠チマ) 他 [福岡戦後コメント]

 

[コメント]

ケヴィン マスカット 監督

「負けてしまえばもちろん残念な気持ちでいっぱいだ。アウェイの地にサッカーをしにきた。簡単なコンディションではない中だったが、約束事を自分たちができていなかったので、そこは一つひとつを分析して修正して次に向かわなければいけない。全体的には、サッカーという部分でもやるのが難しい90分だった」

 

 

――サッカーをするのが難しかったというのは、相手の戦い方によるところもあったのか?

「自分は今日のことだけでなく、相手チームとかレフェリーに何かを言うつもりはまったくない。見て分かるとおり、プレータイムがすごく少ない試合だった。一つひとつがゆっくり進んでいた。やろうとすることをしようとしていたし、チャンスを作っていたが、ゴールキックやスローインやFK、CKがゆっくりのテンポになるとプレータイムが伸びない。いい部分というのは、ほんの少しかもしれないが自分たちのサッカーを見せられたこと。自分たちがコントロールするところが欠けていたかもしれないし、しっかり分析して成長させられる部分を成長させたい」

 

――前節は3点リードの展開を追いつかれて引き分けた。そこから中2日で臨んだ試合の選手たちの姿勢はどのように感じた?

「前節からのリアクションという部分はしっかり見せてくれたと自分は思う。このタイトなスケジュールで、何人かの選手を入れ替えて臨んだ。相手に危険な部分を見せられたし、チャンスもいくつか作れた。相手の分析をしたときに、ゴールキックやFKなどでこうしていこうというのはほとんどの部分でできていたが、失点した時は最後まで集中できずにやられてしまった。でも全体的には11人だけでなく全員がいい姿勢で臨んだと思うし、だが結果がついてこなかった」

 

 

FW 17 宮市 亮

「前節は悔しい引き分けだったので、しっかりと気持ちを切り替えて臨んだ試合だった。向こうの守備はかなりタイトだったのでなかなか流れを掴めず、先制したかったけど相手に先制されてしまった。(チャンスの場面について)ああいうところを決められる選手になりたい。すぐに試合があるので、絶対に勝たないといけない。(ロペスの退場について)正直、自分はよく分からなかった」

 

 

 

ヨコエク

(残り 1046文字/全文: 2010文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ