「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「チームとして優勝することで、自分の名前を刻むチャンスはいくらでもある」(水沼宏太) トリコロールが2022シーズン後半戦へ向けた助走をスタート [練習レポート]

 

約3週間ぶりに開催されたリーグ戦でガンバ大阪に逆転勝利。そしてシーズン前半を首位で折り返した事実に、チームの雰囲気が明るくならないはずがない。ランニングで汗を流す選手たちは、あちらこちらで笑顔を見せていた。

 

 

チームの中心選手で、ガンバ戦では決勝ゴールを決めた水沼宏太が声を大にして言う。

「自分としては成長できている実感もあるし、それよりも自分はもっともっと成長したいと思っている。それが結果につながっているのはいいこと。でも、まだまだという気持ちのほうが強いし、もっともっと結果を出したいという思いがある」

 

 

水沼も、それ以外の選手も思いは同じ。現在地に満足することなく「もっともっと」の気持ちだ。

 

ヨコエク

(残り 694文字/全文: 1026文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ