「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

土曜日の柏レイソル戦も見据えたメンバー編成に。 山根陸にはおおいにチャンスがある [天皇杯3回戦 栃木SC戦プレビュー]

 

宮市とエドゥアルドの起用に注目

 

逆転勝利の余韻に浸かる間もなく、今度は天皇杯という異なるコンペティションに臨む。

2回戦でJFL・鈴鹿ポイントゲッターズを撃破したマリノスは、明日の3回戦でJ2・栃木SCと対戦する。カンセキスタジアムとちぎで開催される一戦は、いわばアウェイゲームである。

ガンバ戦から中3日、そして土曜日のリーグ戦まで中2日という日程を考えると、多少なりとも先発変更がありそうだ。これまでも披露を考慮してターンオーバー起用されてきた永戸勝也や畠中槙之輔、あるいは90分間で圧倒的な運動量を放出するタイプの西村拓真などは、プレータイムを制限するのではないか。

 

 

負傷していた組だと、宮市亮とエドゥアルドの扱いが難しい。「ケガから戻ってきている選手もいるが、試合までにしっかり見極めなければいけない」というケヴィン・マスカット監督の言葉は、おそらく彼らを指している。

 

 

両選手ともある程度の強度でトレーニングをこなせている。とはいえ復帰して間もないことも事実。そして筋肉系の故障は采配が怖い。それらを総合すると、もしメンバー入りしたとしても先発で長時間プレーすることはないだろう。

リスクを回避するタイプの指揮官である。同じことはU-21日本代表での海外遠征明けの藤田譲瑠チマにも当てはまる。最終試合となった3位決定戦に先発しなかったものの、長距離移動や時差ボケといった課題は残る。万全のコンディションではない。

 

 

「勝つためのメンバー選びをしたい」(マスカット監督)

 リスクヘッジした上で、週末をにらみつつ、ベストの11人を揃える。

 

 

 

右サイドバックは松原と西田の二者択一に

 

喜田拓也が負傷している現状と総合すると、山根陸にはおおいにチャンスがあるはず。

 

 

 

ヨコエク

(残り 714文字/全文: 1524文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ