「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

なぜこのタイミングでサッカーの神様は宮市亮に再び試練を与えるのでしょうか。神様は不公平だ。本当にそう思います [下平匠の「匠の視点」(特別寄稿)]

 

 

匠の視点[特別寄稿vo.1]

構成:藤井 雅彦

 

 

ヨコハマ・エクスプレスで定期的にコラムを執筆している下平匠氏が、昨日の鹿島アントラーズを見て、動いた。

「久しぶりに魂を揺さぶられました」

後輩・喜田拓也のJ1通算200試合出場セレモニーに笑顔。

そして大ケガを負った宮市亮と、周囲の振る舞いについて、何を思うか。

自身も長期離脱を経験したことがあるからこそ、痛みも辛さを理解できる。

プロサッカー選手を突然襲う不条理な出来事と、その後の向き合い方とは。

特別寄稿としてお送りする。

 

 

キー坊、おめでとう!

 

ヨコハマ・エクスプレスをご覧になっているみなさん、こんにちは。南葛SC所属の下平匠です。

いきなりですが、みなさんには『魂を揺さぶられた試合』はありますか? 昨日の鹿島アントラーズ戦、僕は久しぶりに魂を揺さぶられました。

理由は2つあります。

1つ目は、試合前に行われた喜田拓也選手のJ1通算200試合出場セレモニーです。

ここからはみなさんにもお馴染みのあだ名『キー坊』と呼ばせてもらいましょう(笑)。

 

 

 

ヨコエク

(残り 1493文字/全文: 1991文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 下平匠 宮市亮

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ