【サッカー人気2位】大連戦のスタート ローテーション起用の…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

富澤:「監督はカンペーさんのこと気に入っているよね」という声がちらほら / ファビオ: 監督やヘッドコーチから『ファビオ!』という声がよく聞こえる [沖縄キャンプ短評] 1,871文字

 

沖縄キャンプの総括として、参加していない仲川輝人を除く全選手の寸評(藤井雅彦)

 

GK 1 榎本 哲也

GK陣の長としてマイペースの調整。例年よりもフィジカルメニューは少ない印象で、まだまだ余裕がありそう。

DF 2 天野 貴史

過去に大けがを負った左ひざをケアしながらだが、楽しそうに日々を過ごす。調子を上げるのはこれからだろう。

DF 4 栗原 勇蔵

ファビオと交互に主力組に入っていたが、練習試合では1本目で登場。すでに争いが激化しているポジションだ。

DF 5 ファビオ

監督やヘッドコーチから「ファビオ!」という声がよく聞こえるのは気のせいではないだろう。チャンスは増えそう。

MF 6 三門 雄大

主に若手を鼓舞する役目を担うが、ここまでは持ち味を出しきれず。実戦形式が増えてから存在感を出すタイプか。

MF 7 兵藤 慎剛

注目の起用ポジションは2列目だった。とはいえ全体のメンバー編成が理由の可能性が高く、まだわからない。

MF 8 中町 公祐

フィジカルを追い込んでいるため動きに軽さが出るのはもう少し先。安泰とはいえないが、ボランチの有力候補の一人ではある。

FW 9 矢島 卓郎

負傷はほぼ完治。持久力はまだ上げていく余地を残すものの、宮崎キャンプからは全体練習に加わる可能性が高い。

MF 10 中村 俊輔

両足首に痛みを抱えつつ、最終日までなんとかプレー。これからもストレスを抱えながらのプレーになるかもしれない。

MF 11 齋藤 学

今回のキャンプでは静かに調整していた。練習試合ではチャンスを外したが、見た目がスリムになり、キレもある。

DF 13 小林 祐三

実戦向きのため心身ともにコンディションが上がってくるのはこれから。ここまでは順調に過ごしている。

MF 14 熊谷 アンドリュー

練習試合では高精度のサイドチェンジを披露。新監督の目に留まれば、スタメン争いに食い込んできてもなんら不思議ではない。

DF 15 比嘉 祐介

沖縄県内での人気は別格。毎日のようにファン対応に追われた。ゲームではタイミング良く上がったが、クロス精度がイマイチ。

FW 16 伊藤 翔

昨年はキャンプのけがで出遅れたが、今年は快調そのもの。練習試合では“今シーズン初ゴール”もマークした。

FW 17 端戸 仁

矢島、ラフィーニャが離脱していることもあって1トップで固定。DFを背負うプレーにフィジカル面の向上を感じさせる。

FW 18 ラフィーニャ

3日目午前の練習で右足甲をねん挫。大事には至らないが、宮崎キャンプの最初は別メニュー調整か。早期復帰が待たれる。

FW 19 仲川 輝人

※参加せず

MF 20 佐藤 優平

この選手が入ったチームはボールが円滑に回る。ミスを減らしてゴール前の精度を高めれば、ポジション奪取も十分ある。

GK 21 飯倉 大樹

キャンプ終盤に左内転筋に痛みを訴える。練習試合欠場は大事を取っただけで、宮崎キャンプは通常メニューをこなせる。

DF 22 中澤 佑二

練習からベストを尽くす姿勢に監督は関係ない。何も言わずに黙々と与えられたメニューをこなす姿は、プロの鑑だ。

DF 23 下平 匠

練習が終わるとファビオやラフィーニャをイジって楽しむ。そんなところに加入2年目の余裕が感じられる。

DF 24 奈良輪 雄太

まずは右SBとして試されているが、今後どうなるか。フィジカルトレーニングは余裕の表情でこなしていた。

MF 25 藤本 淳吾

リベンジイヤーの加入2年目。新監督の印象に残るインパクトがほしいが、沖縄キャンプではその機会がなかった。

MF 26 中島 賢星

落ち着いたシュートで練習試合ながらプロ初ゴールをゲット。基本技術が高く、テクニカルな練習も普通にこなせていた。

MF 27 富澤 清太郎

選手からは「監督はカンペーさん(富澤)のこと気に入っているよね」という声がちらほら。たしかに安定している。

MF 28 喜田 拓也

練習では左右のSBやトップ下などで使われ、精神的にも難しいキャンプだった。序列で上に立つには相当なアピールが必要。

MF 29 天野 純

序盤は調子が良かったが、終盤はやや尻すぼみか。良いプレーを継続的に続けていくことが今後の課題だろう。

GK 30 田口 潤人

プロのリズムになれていくのはこれから。トレーニング以上に私生活でも神経が疲れるはず。プレーはまずまず。

GK 31 鈴木 椋大

アクシデントなく、順調にキャンプを過ごせた。六反が移籍したことでチャンスは増えるはず。あとは実力と努力次第だ。

DF 33 北谷 史孝

基礎練習ではミスがやや先行。練習試合では自信なさげにプレーするのがいただけない。2年目とはいえプロなのだから。

 

 

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ