【サッカー人気4位】男子サッカーの問題点。日本はなぜ10人…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「完敗」(中澤)・「完敗」(伊藤)・「完敗と言われても仕方ない」(小林)他 [鹿島戦後コメント]

【試合を終えて】

エリク・モンバエルツ 監督

「まず簡単に言うと、今日は相手がいいチームで、そのチームに負けた。先に失点して難しい試合にしてしまった。相手の前線にはスピードがあって、カウンターもすごくよかった。それに対してウチの守備はコントロールできなかった。それと今日は個々技術的なミスが多過ぎた。あれだけミスを犯すとか今はプレーしやすい。あと1対1のアグレッシブさも足りなかった。毎試合セットプレーから失点していては上に行けない」

DF 22 中澤 佑二

「完敗。セットプレーは集中していたと思うけど、ショートコーナーを使ってきた鹿島のチームとしての成熟度が上だった。マリノスより鹿島のほうが強かった。今日の鹿島は隙がなかった。オフェンスの部分でウチは良さをまったく出せなかった。常にカウンターを食らっていた。特にウチが悪かったというよりも鹿島のほうが上だった」

 

 

下バナー

 

FW 16 伊藤 翔

「完敗。セットプレーのことはミーティングの段階からずっと言われていて、それでもああやってやられてしまうのは自分たちのミス。そしてあの場面で1本目を決められてしまう。甘くない。相手のクオリティーの高さはあるけど、ウチが勝ち点を落としている理由もそのあたりの甘さにある」

DF 13 小林 祐三

「完敗と言われても仕方ない試合。右サイドからチャンスを作ったり、そうなりそうなシチュエーションはあったけど、前がかりになって後ろのスペースを使われる場面も多かった。後半はサッカーにならなかった。前半の2失点がもったいなかった。自滅に近い。1本目のCKからああなると厳しい。チーム全体の集中力が足りなかった」

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ