【サッカー人気5位】【山雅探報】背水!松本山雅に希望はある…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「危機感を持っている」(天野)・「シュンにおんぶに抱っこのサッカーでは」(中澤)他 [仙台戦後コメント]

 

【試合を終えて】
エリク・モンバエルツ 監督

「後半は我々がしたかったプレーを出せた。ただサッカーというのは90分なので、最初の45分、前半が良くなかった。そして失点をして、リードされた状況でプレーせざるをえなかった。そうなると追いつくことは難しくなる」

――先発で起用した天野の評価は?

「天野だけではなくチーム全体にいえることだが、ポジショニングがバランス良く取れていなかった」

――中村がいれば、もっと攻撃が機能したと思うか?

「(中村)俊輔がいれば、もっとラストパスなどを出せたと思う。俊輔がいることによって、攻撃は良い状況になっていたと思う。ただ、我々は今日センタリングもたくさんあった。足りなかったのはゴール前でのアグレッシブさ、そしてセンタリングの精度。最後のフィニッシュのところは、プレッシャーがあるなかでの正確な動きを求めたい」

 

MF 29 天野 純

「自分の実力不足という言葉に尽きる試合だった。スルーパスの精度も足りなかった。狭い局面でのボールコントロールも悪かったし、すべてにおいて成長しないといけない。危機感を持っている。試合前はすごく緊張したけど、試合に入ったら関係ない。自分自身でやるしかない。経験不足は試合に出ることで補っていくしかない。ハーフタイムが終わってからエンジンがかかったけど、それではだめ。前半のうちに修正しないといけない。ハーフタイムは監督にハッパをかけられた。アグレッシブさが足りなかったし、ボールを激しく奪いに行く強さがないと勝てない。そこは自分自身も反省して、次の試合に臨みたい」

MF 6 三門 雄大

「前半は守備のところがはっきりしなかった。(伊藤)翔と(天野)純のところを相手のCBにもっと行かせるべきだった。僕とキー坊のところも相手の2列目の選手を捕まえ切れなかった。後半はそのあたりをはっきりさせてボールを奪えるようになって、そこからの攻撃で押し込めた。それを前半にできたらよかったけど、すべて“たられば”になってしまう。後半は崩しのところまで行けていたけど、そこからのセンタリングやシュートの精度が悪い。練習でもそこの精度が課題で、監督はDFのいないシュート練習でもしっかり決めることを口酸っぱく言っている。でも今日に関しては練習で決めきれていない部分が試合でも出てしまった」

 

 

下バナー

 

MF 28 喜田 拓也

「全然ダメだった。開幕戦は落とせない試合だった。でも守備も攻撃も前半はうまくハマらなかった。自分自身もチームとしても、何が悪かったのかしっかり反省して修正しないといけない。後半はチャンスを作れたけど、相手が疲れていたというか、1点リードして受けに回っていたという感じ。ああいう展開を前半の最初から作って圧倒しないといけない。失点は自分のミス。出足が一歩遅れて奪い切れず、そこからの展開で失点してしまった。責任を感じるし、もっと成長しないといけない」

FW 16 伊藤 翔

「前半はチーム全体がナーバスになっていたのか、みんなの動きが良くなかった。後半は相手を押し込むことができていたとはいえ、フィニッシュのところもそうだし、その一つ前の精度が足りていない。崩しきれていないという感じだった。崩しきれる場面はそうそうないけど、相手に圧力をかけることでこぼれ球になってゴールが生まれることもある。今日はこぼれ球を拾って二次攻撃、三次攻撃になった場面がほとんどなかった。ゴールするにはもっと繰り返すことが必要」

MF 11 齋藤 学

「試合前のロッカールームの雰囲気は悪くなかった。でも試合に入ってから流れが変わってしまった。前半の入り方含めてもったいなかったと思う。前と後ろの間が開いてしまって、前から行くのか行かないのかはっきりしなかった。そこをもっと早い時間に修正しないといけなかった。後半はあれだけ押し込めたわけだから、それをポジティブにとらえたい。自分自身すごく悔しい思いをしたけど、ここで立ち止まるわけにはいかない。切り替えて次の試合に向かいたい」

DF 22 中澤 佑二

「去年と同じだった。試合内容も負け方も。チャンスっぽいのは作れているけど、マリノスの課題であるラスト3分の1の精度が足りない。シュートもクロスもドリブルもトラップも、すべての精度がなかった。バタバタしてしまって、チャンスらしいチャンスはなかった。決定機をなかなか作れなかった。失点場面は相手のシュートが(下平)匠に当たって入ってしまった。でも当たってもゴールに入ることが大事で、ウチにはその場面がなかった。これからシュン(中村)が復活して、シュンにおんぶに抱っこのサッカーでは代わり映えのないマリノスになってしまう」

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ