【サッカー人気3位】過去2年最も低調な内容

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「デビュー戦は一生に一度しかない」(和田)・「エネルギーが溜まっている。爆発させたい」(天野)他 [川崎戦前コメント]

 

【試合に向けて】
エリク モンバエルツ 監督

「リーグ戦はとても重要。クラブの将来はリーグ戦 にかかっている。でもカップ戦もそのシーズンを占う上で重要な大会だ。リーグ戦と同じメンバーでは、やりたくてもできない。(中村)俊輔は1週間ストップ で、(齋藤)学はけがや疲労が残っている。喜田も以前痛めたねん挫をしっかり治さなければいけない。飯倉も肩を少し痛めている。

  私はほかのメンバーも含めて、選手を信頼している。プレシーズンも含めて、全員が準備をしてきた。兵藤や三門、(栗原)勇蔵や伊藤はレギュラーだ。天野や 前田も試合に出ているし、榎本もいる。試合に出る選手に求めるものはリーグ戦とカップ戦で変わらない。勝つということ。リーグ戦にも出たいのであれば、ナ ビスコカップでクオリティを見せなければいけない。いずれにせよチームには若手が多く、彼らは試合経験が必要。彼らを信頼して試合時間を与えることが大 事。富樫や遠藤も同じ道をたどってきた」

FW 14 和田 昌士

「こ のチャンスが今後を左右する。デビュー戦は一生に一度しかない。積極的にシュートを打っていきたい。前でボールを受けてターンからチャンスを作って、ゴー ルに絡む仕事をしたい。緊張はあまりしないタイプ。試合会場に入ったら緊張するかもしれないけど、程よい緊張感の中でいいプレーを出せれば。あまり気追い過ぎずにリラックスして試合に臨みたい。(同期の遠藤はリーグ戦デビューしているが)それは意識している。焦り過ぎることなく、悔しい気持ちをプラスの力 に変えたい」

MF 6 三門 雄大

「試合に出るメンバーで自分たちにできるサッカーをやりたい。自分もそうだけど、鬱憤が溜まっている選手がいると思う。監督に『またリーグ戦で使ってみたい』 と思わせるようなパフォーマンスを見せたい。このメンバーで戦う不安と、どうなるんだろうという楽しみの両方がある。全体的に若手が多いけど、自分やヒョ ウくん(兵藤)、(栗原)勇蔵が中央でしっかりプレーできれば。できるかぎり若い選手たちを引っ張っていきたい」

 

下バナー

 

GK 1 榎本 哲也

「失 うものは何もない。試合でダメならダメで、それがいまの自分の力ということ。リーグ戦で2連勝しているので、明日のナビスコカップでいいプレーをしたからといってすぐにリーグ戦に出られるわけではない。でも試合に出場してアピールするチャンスが あるのは良いこと。何よりも試合ができるのは楽しいので、とにかく楽しみたい。若手が多くてどういう内容になるかわからない不安もあるけど、チームとして しっかり戦いたい」

DF 4 栗原 勇蔵

「2日間の急造チームでどこまでできるか。フロンターレはボール回しが上手いし、攻撃力がある。それに対して何も考えずにプレーしたら、ただやられるだけになっ てしまう。まず守備でどうやって守るか考えないといけない。そうしないとゲームが壊れてしまう可能性があるし、そうなったら個人のアピールが意味のないものになってしまう。ピッチに入ったらプレーするのは選手なので、そこは経験のない選手をコントロールして戦いたい」

MF 29 天野 純

「エネルギーが溜まっている。それを明日のゲームで爆発させたい。開幕戦にスタメンだったけど、そのあとはベンチにも入れていない。その試合で自分が何かでき ていれば違ったと思う。シュンさん(中村)は復帰した試合でFKを決めたし、(富樫)敬真は連続ゴールを決めている。そういう目に見える結果が大事だと痛 感した。カイケも加入したし、今後は前線のポジション争いがさらに激しくなる。ここで何ができるかはとても大事」

DF 24 金井 貢史

「と にかくチームが勝つためのプレーをする。自分のプレーをアピールしたい気持ちもあるけど、それだけになってはいけない。チームスポーツなので、まずはチー ムが勝つことが最優先される。その中で自分の色をどれだけ出せるか。自分より年下や経験のない選手も多くいるし、もう若手ではない。ポジションとしては、 まず守備をしっかりすること。フロンターレは攻撃力があるので、それをしっかり受け止めた上で攻撃に出て行きたい」

MF 25 前田 直輝

「福岡戦で先発してハーフタイムに交代になって、その後は一度もベンチに入っていない。そこでの自分のプレーが足りなかったということ。もう落ちるところまで 落ちた。これ以上落ちる場所はないし、あとは上がっていくだけ。五輪代表のことは一度頭から切り離して考えている。クラブで結果を残さなければ代表には呼 ばれない。先発でも途中出場でもチャンスをもらえた試合で自分に何ができるか」

FW 16 伊藤 翔

「(和田)昌士は練習ではとぼけているところもあるけど(笑)、試合になれば上手くプレーできるタイプだと思う。チームとしての連動性という意味では未知数な部分も多いけど、それは仕方ないこと。試合に飢えている選手が多く出ると思うし、選手個々のモチベーションは高いはず。あとはチームとしてどうやって戦っ て、結果を出すか。難しい試合になるのは間違いないけど、そこで結果を残さなければいけない」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ