『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「今日の選択に後悔はない」(モンバエルツ)・「サポーターもすごく盛り上げてくれた」(栗原) [川崎戦後コメント]

 

【試合を終えて】

エリク・モンバエルツ 監督

「とても強度の高いゲームだった。前半はいいプレーができなかった。でもそれはある程度わかっていたし、今日はメンバーを変えていた。後半はプレッシャーがある中でもうまくプレーできていた。難しいゲームになることは予想していた。ただ、チームのメンタルと戦術面は良かった。特に若手のパク・ジョンスや新井にとっては初めてのゲームだったけど、このような若手が育って希望の持てる内容だったと思う」

 

――直近のリーグ戦から11人全員を入れ替えた意図と、勝ち点1を取った評価は?

「何人かけが人がいたので選手を代えざるをえなかった。(中村)俊輔も喜田もけががあって、(齋藤)学も回復させたかった。あとは我々にはクオリティを持った若手がいるので、彼らを信頼することが大事。今日の選択に後悔はない。彼らにクオリティを出す機会を与えないといけない。

 川崎戦が難しいゲームになるのはわかっていた。でもナビスコカップの初戦で勝ち点1を取れたのはポジティブなこと。次につなげていきたい。そしてカイケも次のゲームには出られると思う」

 

GK 1 榎本 哲也

「オレが危険な場面 を止めることでチームの士気も上がる。そのために頑張らないといけないし、チームに流れを持ってくることができたと思う。ゲームの最初はいったいどうなる かと思ったけど、自分は失うものがないし、とにかく試合を楽しみたいと思っていた。勝てるチャンスもあったかもしれないけど、今日は引き分けだった。それ がサッカーだと思う。若い選手は頑張っていたし、みんなある程度自信をつけたと思う。今日頑張ったことで次のナビスコカップもチャンスがある。負けていればなかったかもしれない。みんなもっと試合に出たいと思ったはずだし、それが良かった」

 

 

下バナー

 

DF 4 栗原 勇蔵

「両足の太もも裏とふくらはぎをつった。頑張ってやろうと思ったけど無理だった。若い選手はメチャクチャ頑張っていた。みんな頑張っていたので、自分が情けなかった。でもプレーできる感じではなかった。みんな本当に頑張って、勝ちに等しい引き分けと言ってもいいかもしれない。サポーターもすごく盛り上げてくれた。フロンターレは攻撃の形を持っている。最初にテツ(榎本)が危ない場面を止めてくれて助けられた。でも守っていればチャンスがあると思っていたし、それを決めることができたら100点満点だけど、いつも試合をやっていないメンバーが力を合わせてできたのが良かった。監督は前から行こうと話していたけど、中で話してブロックを作って守るようにした。ピンチも多かったけど、フロンターレ相手にはいつもああやって守っていた」

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ