【サッカー人気1位】J再開前の重要チェックポイント! 各ク…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

今回もオールメンバーチェンジ、特別指定選手の高野遼がいきなりの先発見込み [ナビスコ2節/柏戦プレビュー]

 

ガンバ戦から中3日の明日はナビスコカップ第3節・柏レイソル戦だ。第2節はマリノスが非番だったため、このゲームがマリノスにとってのグループリーグ2試合目となる。第1節を振り返ると、アウェイで川崎フロンターレと対戦。直近のリーグ戦からメンバーを総入れ替えして臨み、押し込まれながらも持ち前の耐久力を発揮してスコアレスドローに持ち込んだ。後半に関しては得点チャンスも作り出し、リーグ戦で出番のない選手たちの奮闘が光った。

 そして柏戦でも彼らにチャンスが与えられそうだ。大黒柱・中村俊輔の直接FKと新加入アタッカー・マルティノスのゴールで勝利したガンバ大阪戦から、今回もまたオールメンバーチェンジとなる。前日練習ではフロンターレ戦に出場したメンバーがレギュラー組として調整し、グループリーグ2試合目での初勝利を目指す。

フロンターレ戦からの変更点がいくつかある。まず最終ラインは、フロンターレ戦で左SBだった金井貢史が本職の右SBに。本来のポジションで持ち前の攻撃性と意外性を発揮できるか。空いた左SBには特別指定選手の高野遼がいきなり先発する見込みだ。今週月曜日からチームの練習に参加しており、本人もビックリのマリノスデビューになりそうだ。

 

 

下バナー

 

ボランチはフロンターレ戦で右SBに入っていた新井一耀と兵藤慎剛がコンビを組む。CBのパク・ジョンスを一列上げて新井をCB起用するほうが適性に合っているように感じるが、エリク・モンバエルツ監督は新井をボランチやSBのサブとしてリーグ戦メンバーに帯同させている。なお、三門雄大は右足首の状態が芳しくないためメンバーから外れるだろう。

 2列目は左から前田直輝、天野純、そして仲川輝人が満を持して今シーズン初先発となる。いずれもボールを持てるタイプだけに、良好な距離感で相手ゴールに迫りたい。1トップの富樫敬真はフィニッシャータイプのため、2列目の3選手がいかにお膳立てできるか。個々がバラバラに動くようだと難しくなり、守備面の不安をオフェンスで打ち消したい。

10日には浦和レッズとのリーグ戦上位対決が控えている。それを見据える意味合いも少なからずあるだろう。リーグ戦の主力メンバーの多くはベンチからも外れてコンディション調整に努める。ガンバ戦で左太もも裏を痛めて齋藤学のように治療を優先すべき選手もいる。4月はリーグ戦とカップ戦合わせて7試合が組まれており、このゲームはまだ2試合目だ。先を考えたマネジメントも必要だろう。

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ