サッカーライター大忘年会→お得な前売19日18時〆

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「失うものはない」(栗原)・「(ケガの状態は) ノープロブレム」(マルティノス)・「自分でもビックリしている」(パク) [鹿島戦前コメント]

 

【試合に向けて】

エリク モンバエルツ 監督

「(鹿島について)私にとってJリーグの中で最も強いチームの一つ。強さがあって、前にダイレクトに仕掛けてくる。最も欧州に近いスタイルのチームだ。攻守の切り替えの連続のところがポイントになる。相手の強いプレッシングをかわさなければいけない。鹿島にはアグレッシブさがある。そして前線には強い選手がいるので、しっかり守備をすることが大事。厳しい戦いになるだろう。

(中町について)彼のいいところは、最初から前にいるのではなく、後ろから出て行くパワーがあること。それとヘディングの強さを持っている。あと前方向にパスを出せる。そういったことができる数少ないMFの一人だ。もう一人のボランチよりも少し高い位置にポジションを取って、前へ出て行くプレーが特徴。兵藤や三門も同じ役割ができると思う。でも守備的な仕事をできる喜田の代わりになる選手があまりいない。

(パク・ジョンスについて)若い選手もチームの一員だ。ナビスコカップにも出ている。彼はマリノスに入る前にディフェンシブハーフをやっていた。喜田が出場停止で、三門はまだ万全の状態ではない。ディフェンシブハーフとして攻守のバランスをとる仕事を求めたい。鹿島戦は攻守のバランスが重要になる。昨年と同じ過ちを犯さないようにしなければならない。

(栗原)勇蔵は今シーズン始まる前、良い状態だった昨年はあまり試合に出られず、考えることがあったのだと思う。ナビスコカップを見るとゲーム体力に問題があるかもしれないが、これから状態を上げてくれると思う。

(富樫について)代表チームで点を取ったのは良かった。いずれにしてもFWが点を取るのは常にポジティブなこと。敬真が順調に進んでいるということ。この経験を生かして、もっと強いプレーヤーになってほしい。私は敬真にクオリティがあることを分かっていた。だから契約を勧めた。おそらくトゥーロン国際のメンバーにも選ばれるだろう。鹿島戦に向けては早く回復させないといけない。代表チームにはもう少し配慮してほしかった。あのような練習試合に90分間出場させるべきではなかった」

 

DF 4 栗原 勇蔵

「気持ちが高まってきたというか、冷静にやっている。ファビオがけがをしてきたことでやってきたチャンスだけど、自分としては失うものはない。チーム状態が良いときに入って結果を残さなければいけない状況ではないし、チーム状態は正直悪い。自分の中でいまよりも悪い立ち位置はない。ディフェンスの選手は、相手が弱ければゼロで抑えて当たり前。もしミスをして点を取られると、そこだけを言われる。FWは相手が弱くても点を取ればフォーカスされる。だからDFとしては強い相手とやるほうがいい。鹿島は強いからいいと思う。前には能力の高い選手が多い。けがをしている選手がいるかもしれないけど、いままでも数人で回してきたので関係ないと思う」

 

DF 22 中澤 佑二

「鹿島は強いチームだけど、だからこそウチとしては心身ともに割り切って戦える部分もあるはず。ここまであまり試合に出場していなかった選手は、この試合で奮起することがアピールになる。(栗原)勇蔵はもともと良いものを持っているし、ここで頑張ることで自分やファビオはもっと頑張らないといけなくなる。彼は経験があるし、もともと能力を持っている。だから大丈夫。明日は自分がブロックして彼に点を取らせますよ(笑)。チームとしては、いま攻撃も守備も個々で戦っている状態。ミスは誰にでもあるし、自分もミスをしている。それをカバーするために11人いるわけで、11人いれば大きな力になる。ポジティブに考えてこの時期を乗り切りたい」

 

下バナー

 

MF 8 中町 公祐

「喜田が出場停止になって(パク)ジョンスが入ったとしても、自分の役割は基本的に変わらないと思う。自分が前線に上がったときにチャンスになるのはデータでも出ているらしい。いままでほとんどコンビを組んだことがないのでコンビネーションには不安があるけど、後ろに入るかもしれない(栗原)勇蔵くんと一緒に協力して守る。自分がすべて前に出て行けばいいわけではないし、そこは展開や状況を見極めてプレーしたい。鹿島は強い。それは間違いないこと」

 

MF 20 マルティノス

「(けがの痛みや不安について)ノープロブレムだ。痛くないし、不安もない。プロサッカー選手は結果を残せば、周囲から称賛される。逆に結果を出せなければブーイングを浴びせられる。でもすべては試合に出なければ始まらない。鹿島戦は自分にとってもチームにとっても、とてもタフなゲームになるだろう。鹿島の選手のことはあまり知らない。でもビッグクラブということは知っている。相手のことはどうでもいい。大事なのは自分たちがどのようなプレーをするか」

 

MF 11 齋藤 学

「いま苦しい状態だけど、攻撃も守備もチーム一番となって戦うことが大事。厳しい試合になると思うけど、簡単には負けられない。鹿島は強いけど、この相手に勝てればもう一度勢いを取り戻せる。(富樫について)五輪代表の試合では、マリノスで見たことのないようなプレーをしていてビックリした(笑)。ああいう風が吹くとチームの雰囲気が良くなる。でもマリノスで試合に出られる保証はないので、チーム内での競争力が高まればいい。敬真はあの1試合だけで終わっては意味がないけど、勢いのある選手がいるのは良いことなので、この経験をマリノスに還元してほしい」

 

FW 16 伊藤 翔

「先発でも途中出場でも心構えと準備は変わらずやっている。でも先発で出るならテンションは上がる。最近は自分たちのミスで失点して負けている。なんで負けるんだろう、というのはサッカーではよくあること。個人の力が0.9しか出せていないとしたら、それを1.1にすれば状況は大きく変わる。すべては意識次第だと思う。まず安易な失点をせず、その上で先制点を取れればベストの展開になる」

 

DF 2 パク・ジョンス

「今週はボランチのポジションで練習してきた。自分でもビックリしているが、一週間良い準備ができたと思う。自分がやるべきことをしっかり忠実にこなしたい。まず、しっかり守備をしなければいけない。ディフェンスラインの前で一次防御線になる。攻撃ではビルドアップに積極的に参加して、サイドにボールを展開したい。(中澤)佑二さんとは相手のFWのマークの受け渡しについて話をした。自分は高校までボランチをやっていて大学でCBになった。ボランチのプレーを思い出しながらプレーする。鹿島のことは周りからいろいろ聞く。ゲーム運びが上手で、マリーシアというかずる賢さを持っていると聞いた」

 

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題