【サッカー人気3位】橋岡大樹が練習参加 ユンカーが紅白戦で…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「普通のプレーをしたら、次の試合ではベンチかベンチ外になってしまう」(天野)・「チームが無敗という事実が重要」(金井) [大宮戦前コメント]

 

【試合に向けて】

エリク モンバエルツ 監督

「(前節の勝利について)柏戦前の磐田戦と名古屋戦は、そのうち最低でも1試合は勝たなければいけない内容だった。それなのに引き分けという結果が続いてフラストレーションが溜まっていた。勝利という結果は特別なエモーションだ。連勝のあとに引き分けが連続していたから、どうしても勝ちたい試合だった。そして少しでも上の順位に行くためにやっている。勝利は一番上へと続く道だ。そして勝つことでもっと勝ちたいという欲につながる。

(柏戦でのパク・ジョンスのトップ下起用について)あのときはダブルボランチの後ろにアンカーとして置くことと、そしてダブルボランチの前に置くことを考えた。その結果、前に置く采配になった。ジョンスには高さもあって、柏戦ではセットプレーからピンチになっていたこともある。2-1でリードしている状況だが、ブロックが下がっている状態だった。その二つの問題を解決するために、そして早く決断しなければいけなかった。伊藤翔とジョンスというパワーがある選手を前に置いて勝てたことに満足している。(パク・ジョンスをスタートからトップ下で起用する可能性は?)ない。

(大宮について)とてもバランスのとれたチームだ。そして攻撃のポテンシャルを持ったチームだと思う。チームとしてコレクティブに戦えるという特徴がある。1stステージの対戦では我々がゲームをコントロールしていた。ただ、効果的なプレーができなかった。大宮戦では柏戦と同じように、まずしっかりとした守備をしなければいけない。そして相手のことを考慮して戦うが、それ以上に我々のプレーを出して結果を出すことが重要だ」

 

MF 8 中町 公祐

「ヘディングは自分の中でプラスαとして考えている。落下地点を読む力と、自分のタイミングでジャンプすること、そして相手との駆け引きの三つが大事になる。自分は身長が高くないし、ジャンプ力も普通だと思う。でもヘディングは小学生の頃から強かった。あとゴールキックをはね返すときは、そのヘディングをパスにつなげることも重要。セットプレーで点を取れるのは大きいし、強いチームはセットプレーで流れを作る。それもサッカーの一部」

 

 

下バナー

 

DF 24 金井 貢史

「少しずつチームとしても個人としても、本来のリズムで戦えるようになってきた。大事なのはやっぱり守備。先に失点しないことで自分たちのペースになる。(齋藤)学がボールを持ったときにサイドを上がってパスコースを作ることは常に意識している。それでパスが来てもいいし、逆サイドに展開してもいい。学の良さを最大限引き出すことを考えている。2ndステージに入ってまだ無敗を守っている。たまたま自分が出始めたタイミングで、自分は特に何もしていない。チームが無敗という事実が重要」

 

MF 28 喜田 拓也

「ずっと負けていなかったけど、最近は引き分けが多かったので見ている人にとってはフラストレーションが溜まる展開だったと思う。その意味で、柏戦で勝ち点3という結果を出せたことは本当に大きかった。周りを巻き込むという意味でも勝たないといけなかった。大宮は手堅いチームという印象。堅い試合になるかもしれないけど、戦況を見つつ戦いたい。ここから連勝街道に乗っていけるように、大宮戦をしっかり勝ちたい」

 

DF 13 小林 祐三

「勝つと練習グラウンドの空気が軽くなる。最近は負けていなかったけど勝っていなかった。3勝3分1敗と4勝3分では雲泥の差。だからレイソル戦の勝利は大きかった。でも、だからこそ大宮戦が重要になる。ここは引き分けではなく勝ちがほしい。大宮戦はいつも引き分けているイメージがある。勝っている印象も負けている印象もあまりない(苦笑)。1stステージのような展開は避けたいし、泉澤選手の得意な形を頭に置いてプレーする。上位2チームとの直接対決に可能性が残るように、目の前の試合を勝っていきたい」

 

MF 29 天野 純

「次の試合で普通のプレーをしたら、その次の試合ではベンチかベンチ外になってしまう。だから普通のプレーでは許されない立場。自分のところで、柏戦よりもチャンスを作って、結果にこだわりたい。ゴールに絡めたのが初めてだったので自信になったけど、周りを納得させるにはまだまだ足りない。シュンさん(中村)も戻ってくるし、ほかにも良い選手はたくさんいる。自分が試合に出続けるためには結果が必要。相手がどのチームでも、貪欲にプレーして結果を残したい」

 

FW 17 富樫 敬真

「(8月10日に23歳の誕生日を迎えて)自分にとって22歳はとても良い1年だった。特別指定選手としてJリーグの試合に出場してゴールを決めた。そのあとプロ契約することができた。そして今年に入ってからは五輪代表候補になれた。五輪代表としてリオで23歳の誕生日を迎えられたらもっと良かったかもしれないけど、その分も今週末の大宮戦から挽回していきたい。23歳はもっと密度の濃い1年にしたい。まずは2ndステージ優勝してチャンピオンシップに出場して、タイトルを獲りたい」

 

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ