【サッカー人気4位】最後のミーティングを終えると、選手個々…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

金井3.5「彼にしか決められないアウェイゴールの価値を評価したい」・カイケ3「ストライカーではない」 [大宮戦採点&短評]

 

GK 1 榎本 哲也「4」

試合に負けはしたが、第2戦に可能性を残したのはこの選手のビッグセーブがあったからこそ。

 

DF 13 小林 祐三「3」

特に後半は攻守両面で高いパフォーマンス。金井へのアシストは素晴らしかった。

 

DF 22 中澤 佑二「2.5」

失点に関与していたわけではない。相手よりも一歩早い対応でピンチを防いだ。

 

DF 5 ファビオ「2.5」

前半途中に負傷して交代を余儀なくされた。疲労が蓄積していたかもしれない。

 

DF 24 金井 貢史「3.5」

前半の出来は最悪だった。それでも彼にしか決められないアウェイゴールの価値を評価したい。

 

下バナー

 

 

MF 28 喜田 拓也「2.5」

前を向く意識はよかった。ただし単純なミスと、守備時の不要なファウルが先行した。

 

MF 7 兵藤 慎剛「2.5」

ボールを受けても前に運べず。全体の問題もあるが、個人のパフォーマンスも冴えなかった。

 

MF 20 マルティノス「2」

単独で打開できる能力でチームを助けた。しかし決勝点を献上した場面でのロストはありえない。

 

MF 25 前田 直輝「2」

持ち味を褪せないどころか、ビルドアップの場面で左サイドはまったく機能しなかった。

 

FW 11 齋藤 学「2.5」

カイケ投入とともに左MFへ。その流れで同点ゴールの起点となったが、そのほかの場面では不発。

 

FW 16 伊藤 翔「2.5」

前半はまったくボールが来なかった。後半は全体が押し上がり、攻撃に参加できるようになった。

 

DF 4 栗原 勇蔵「2.5」

ファビオの負傷で突然の出番。最後まで苦しい展開だったが、自陣ゴール前で強さを発揮した。

 

FW 9 カイケ「3」

ストライカーではない。得点を期待するよりも周りを使うことで良さが出る選手だ。

 

FW 19 仲川 輝人「-」

守備固めで新井が投入される予定だったが、失点して急きょ出場。仕事をするには時間がなさ過ぎた。

 

監督 エリク・モンバエルツ「2.5」

齋藤を中央で起用した是非判断は持ち越し。終盤の采配は後手に回った感もある。

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ