【サッカー人気4位】ガンバ戦の起用はどうなる?武田、デン、…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「第2戦はホームで戦える。チームとサポーターが一緒に戦って準決勝に勝ち上がりたい」(栗原) 他 [大宮戦前コメント]

 

【試合に向けて】

エリク モンバエルツ 監督

「(第1戦の内容について)我々がうまくいかなかったことと、相手が良かったことの二つがある。相手の前からのプレッシングをかわすことができなかった。プレッシャーに来ることはわかっていたが、我々の陣地でのアグレッシブな守備に対抗できなかった。一つの原因としてファビオは交代する前から痛めていて、積極的なプレーができなかった。あとは両サイドのところでもつなげなかった。ただ時間が経過して、相手のプレッシャーが少なくなってからはいいプレーができるようになった。

(齋藤の位置について)私としては(齋藤)学を中央に使うのはおもしろいと思っている。そこでアグレッシブなプレーができるし、守備でも貢献できる。学はここまでたくさん試合に出て、チームの中心としてプレーしている。だから学を左から中央に動かすと、左サイドのオートマティズムを欠いてしまう部分はある。あの形でやって、あれほどまでにビルドアップできないのは意外だった。ある程度ビルドアップできれば学を中央に置いた効果が出てくる。そこは考えないといけないが、両サイドの効果的なプレーは必要。いつもの形に戻す可能性はある」

 

DF 4 栗原 勇蔵

「ゲーム勘というよりはゲーム体力に少し不安があるけど、ウチは第1戦で負けているのでそんなことを言っていられる状況ではない。負けてしまったけどアウェイゴールを取れたことをポジティブに考えて今度の第2戦に臨みたい。点を取って勝たないといけないけど、失点すると試合運びが難しくなる。まずは失点せずにゲームを進めたい。第2戦はホームで戦えるわけだし、チームとサポーターが一緒に戦って準決勝に勝ち上がりたい」

 

DF 2 パク ジョンス

「日本の夏は暑い。でも韓国も同じように暑いので大丈夫。明日に向けていい準備ができた。必ず勝たないといけないゲームなので、チームが一つになってたくさん走らないといけない。今季は大宮と3回対戦しているけど、自分自身は一度も出場していない。外から見ていると、大宮は丁寧にパスを回してくる印象がある。そこを食い止めるのが自分の役割になる。MFとしてルーズボールの争いで負けないことが重要。相手が苛立つくらい強く戦わないといけない」

 

下バナー

 

DF 13 小林 祐三

「ウチは少しメンバーが変わったとしてもチームとしての性質は大きく変わらない。相手はまた前からプレッシャーに来るかもしれない。でも第1戦の後半は相手のプレスをかわせていたし、その延長戦だと思えばいい。個人的には、点を取るために前がかりになって守備のバランスを崩した部分もある。次の試合は1-0で勝つのがベストだと思っている。そのためには失点するわけにいかないので、前半はシュート2本くらいで終わったとしても下を向かなくていい。塩試合になったとしても勝ち上がればいい」

 

FW 20 マルティノス

「この前の試合から中3日なので少し疲れているけど、日曜日には問題なくプレーできると思う。第1戦で起きたことを映像で確認して、次の試合に生かさないといけない。次は勝たなければいけない試合。個人的には攻撃的にプレーしたいと思っている。戦い方は監督が決めることだけど、点を取らなければいけない試合。攻撃的にプレーすれば得点が取れると思っているし、そのために自分がいる。そろそろゴールがほしいと願っている」

 

DF 24 金井 貢史

「第1戦での反省を生かして第2戦を戦いたい。この前はボールの動かし方が悪くて、相手のプレッシャーを受けてしまった。自分のポジショニングの問題もあったし、全体のバランスもあった。後半に修正できたけど、今度は前半から自分たちのリズムでプレーできるようにしたい。アウェイゴールに価値を見出すためにも、第2戦はとにかく勝たないと意味がない。三ツ沢で戦えることをプラスに捉えて、立ち上がりから積極的にプレーしたい」

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ