【サッカー人気5位】酒井宏樹 浦和レッズ加入会見全文レポ「…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

榎本5「神がかり的なセーブを連発」・カイケ4「助っ人らしい一発」・新井3.5「無失点勝利に大きく貢献」 [大宮戦採点&短評]

 

GK 1 榎本 哲也「5」

第1戦に続いてハイパフォーマンスでチーム準決勝に導く。神がかり的なセーブを連発した。

 

DF 13 小林 祐三「3.5」

金井とは違って後半は専守防衛の姿勢。右サイドから破綻することはなかった。

 

DF 4 栗原 勇蔵「3」

後半途中に足をつって交代。激流のような試合で90分間プレーする体力はなかった。

 

DF 22 中澤 佑二「4」

苦しい場面の連続だった。それでも最終局面で強さと粘りを発揮して完封勝利を手にする。

 

DF 24 金井 貢史「3」

前半の攻撃参加は理解できるが、リードした状況であえてリスクを冒す必要はなかった。

 

MF 2 パク ジョンス「3.5」

プレッシャーがある中でも強気なパフォーマンス。不得手な競り合いでもなんとか踏ん張った。

 

 

下バナー

 

MF 7 兵藤 慎剛「3」

特に後半は守備に回る時間が長く、左サイドのカバーに奔走。空中戦の競り合いは地味に強さを発揮。

 

MF 20 マルティノス「3」

出来は決して良くなかった。それでもたった一人でボールを前へ運べる能力は稀有だ。

 

MF 11 齋藤 学「3.5」

サイドで起点を作り、カイケのゴールをお膳立て。その後のドリブル突破はファウルを認めてもらえず。

 

FW 16 伊藤 翔「3.5」

序盤からエンジン全開で飛ばし、最後はさすがに足が止まった。それでも守備でチームを助けた。

 

FW 9 カイケ「4」

ようやく助っ人らしい一発を披露。下がって受けるプレーも巧みだったが、守備をサボるのはいかがなものか。

 

DF 15 新井 一耀「3.5」

不慣れなボランチでの出場となったが、冷静な判断と力強いプレーで無失点勝利に大きく貢献。

 

MF 25 前田 直輝「3」

シュートフェイントまでは完璧だった。残念ながらフィニッシュシーンは力が入り過ぎた。

 

MF 29 天野 純「3」

守備を期待されての投入だったが、ゴールチャンスはあった。バー直撃では満足できない。

 

監督 エリク・モンバエルツ「3」

勝ち上がりを決めたが、第2戦の内容が良かったわけではない。交代カードを切るのも明らかに遅かった。

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ