【サッカー人気1位】世界が変わり果てる前に私たちが考えるべ…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

カイケ3.5「得点という結果は重要」・モンバエルツ2.5「齋藤と中澤は休ませるべきだった」 [福島戦採点&短評]

 

GK 21 飯倉 大樹「3」

久しぶりの先発出場で失点ゼロに抑える。ミスもあったが、いくつかの好セーブで助けた。

 

DF 13 小林 祐三「2.5」

この選手はまったく休む余裕がない。連戦でも及第点の出来を保つあたりが能力の高さだ。

 

DF 4 栗原 勇蔵「2.5」

最後の最後に足をつったが、とにかく120分プレーできたことは好材料。次につなげたい。

 

DF 22 中澤 佑二「2.5」

珍しく不安定な出来でたびたびピンチを招く。フィジカル面もそうだが、メンタル的に難しかった。

 

DF 24 金井 貢史「2.5」

得点がほしい場面では交代する流れが出来上がっている。仙台戦に向けては吉と出る采配か…。

 

MF 2 パク ジョンス「2.5」

ボールを受けて前を向く意識は重要だが、その後のミドルパスは珍しく精度を欠いていた。

 

MF 29 天野 純「2.5」

ボランチとして出場したがリズムを作れず。最終局面ではやはりパワーが足りなかった。

 

MF 25 前田 直輝「2」

チャンスを外してしまったことよりも、つまらないボールロストが多いことで流れをノッキングさせた。

 

MF 11 齋藤 学「2」

序盤に左足のすねを負傷。それがなかったとしても明らかにキレを欠いていた。出場するべきではなかった。

 

FW 16 伊藤 翔「2.5」

序盤はフィジカルを利した突破でチャンスを作る。試合途中からはプレーをやめてしまった印象。

 

FW 17 富樫 敬真「2」

まったく何もできなかった。久しぶりの先発出場とはいえ、相手のレベルを考えれば言い訳は通用しない。

 

FW 9 カイケ「3.5」

マルティノスのラストパスを受けてきっちり流し込んだ。内容はどうあれ得点という結果は重要だ。

 

 

下バナー

 

MF 20 マルティノス「3.5」

得意のドリブル突破で攻撃に彩りを加える。カウンターからアシストした2得点目は彼の真骨頂だ。

 

MF 8 中町 公祐「4」

負傷明けながら途中出場で勝負強さを発揮。今季のこの男は得点力でチームを助けている。

 

監督 エリク・モンバエルツ「2.5」

疲労が蓄積していた齋藤と大ベテランの中澤は休ませるべきだった。結果論ではなく、采配ミスに近いミスジャッジだ。

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック