『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

金井3.5「本人さえも説明できない神出鬼没の動き」・喜田3「井手口との攻防は見ごたえ十分」 [ガンバ戦採点&短評] <無料記事>

 

GK 1 榎本 哲也「2.5」

ミドルシュート2発に屈した。1失点目は相手を褒めるべきで、2失点目はDFに当たってコースが変わる不運もあった。

 

DF 13 小林 祐三「2.5」

可もなく不可もなくといったところか。攻撃時に前の前田をサポートする動きは、試合をこなすごとに精度を上げている。

 

DF 22 中澤 佑二「3」

最大の見せ場は後半、倉田との1対1をストップした場面。疲れがたまってきている時間帯にあの落ち着いた対応は、経験と努力の成せる業だ。

 

DF 2 パク ジョンス「3」

相手を引きつけながら鋭い縦パスを通して攻撃の第一歩に。井手口のシュートが頭をかすめてコースが変わったのはGK同様に不運だった。

 

DF 24 金井 貢史「3.5」

なぜあの位置にいたのか、本人さえも説明できない神出鬼没の動きで富樫のゴールをお膳立て。守備でも自身のサイドに蓋をした。

 

MF 28 喜田 拓也「3」

井手口との攻防は見ごたえ十分。ただしライバルのようにミドルシュートを決めることはできず。より成長するための課題だろう。

 

MF 8 中町 公祐「2.5」

ボランチというよりもセントラルMFに近いポジショニング。クロスが上がった場面のほとんどで相手エリア内に入っていった。

 

MF 25 前田 直輝「2.5」

技術的なミスがもったいない。それによって自身とチームの両方のリズムを崩してしまっている印象。

 

MF 29 天野 純「3」

J1トップクラスの相手でも堂々とプレーできることがわかった。だからこそ決定機を決めて、成長を結果で示さなければいけない。

 

MF 11 齋藤 学「3.5」

試合全体のパフォーマンスはそれほどでもなかった。ただ、相手のミスにつけ込んでしっかり結果を残すあたりが成長だ。

 

FW 17 富樫 敬真「4」

難しいトラップ&シュートを決めた。ゴールを決める場面はファーストタッチを成功しており、さらなる成長が見込めそう。

 

MF 20 マルティノス「2.5」

1対1に自信を持つのはいいが、周囲とのコンビネーションが不足している。オフサイドの判定になった場面は仕方ないだろう。

 

監督 エリク・モンバエルツ「3」

交代カードが1枚だけあったのは展開を見極めた上での英断だった。内容的には勝ち点3に値していたという言葉にも納得。

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ