『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「負けたくないという気持ちが強い」 兵藤慎剛ロングインタビュー(2) 新春エクスプレスインタビュー

 

新春エクスプレスインタビュー 兵藤慎剛ロングインタビュー(2)

インタビュー:藤井雅彦
写真:星智徳

 

――加入4年目を迎えた2011年には松田直樹(・故)や河合竜二(現コンサドーレ札幌)という影響力のあるベテランがチームを離れていた。心境や役割の変化もあったのでは。

「二人はすごく影響力のある選手でした。1~2年目はその二人と(中澤)佑二さんに怒られたというか、いろいろ教わった部分が多かったですから。試合中に少しでも軽いプレーをすると、すかさず檄が飛んできて、ピリッとするところがあった。

そういった厳しさは最近少し足りない部分かもしれない。もっと戦う集団にならないといけないと思う。タイプ的にマツさん(松田)や(河合)竜二さんのように『ガツッ』と強く言えるかというと、自分はそういうタイプではない。でも時には強く言うことも必要」

――兵藤慎剛が厳しく喝を入れるような場面も見てみたい。

「『ガツッ』とね(笑)。そうすれば自分も新しい一面を開けるかもしれない。考えておきます(笑)。でもマツさんや竜二さんは『オイーッ』ってまず怒鳴る。そこまではちょっと…。でも、それで言われた側も引き締まるんですよね」

――彼らのようなタイプは今のチームにいない?

「シュンさん(中村俊輔)は激しい檄を飛ばすタイプではないし、佑二さんもそう。二人とも細かな指示や気配りはあるけど、チーム全体に激しく喝を入れるようなタイプではない。だから中堅どころがやらなければいけない。自分たちの年代だと自分とオグ(小椋祥平)がこれまで一番出ている時間が長かった。でもオグは病気やけがでほとんど試合に出られなかった。そのぶんも自分がやらなければいけない」

――責任感を強くしている印象がすごくあるけど、どうかな?

「長くクラブにいる選手は責任を感じなければいけない。F・マリノスはビッグクラブなのに最近は結果が出ていない。オレは結果を出さなければいけないクラブだと思っている。だから長く在籍している選手が強いF・マリノスに戻すという責任感を持たなければいけない」

――兵藤は選手間をうまくつないでいる印象がある。例えばプライベートで小野裕二や比嘉祐介などとボウリングを楽しむとか

(残り 1105文字/全文: 2029文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック