『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「この前のゴールはオフサイドの判定。友だちから動画がたくさん送られてきた」(伊藤)・「翔くんに怒られないようにプレーしたい」(前田)」 他 [仙台戦前コメント]

 

 

【試合に向けて】

エリク モンバエルツ 監督

「(3連敗後の1勝の意味について)それぞれ試合内容はそれぞれ異なる。柏戦では相手にPKを与えてしまい、そこから短い時間でまた失点した。その部分を除けばネガティブな内容ではなかった。ガンバ戦に関してはまったく自分たちの力を出せなかった。鳥栖戦は個人のミスによって失点して負けたが、サッカーではそういうことがある。チームとして負けを受け入れなければいけない。勝った甲府戦の内容が良かったわけではないが、チームに自信を与える機会になる。

(齋藤について)フィジカル的に少し落ちていた時期もあったが、いまは良くなってきた。今年から主将になり、これまで以上に他のところに注意を配っている。そういったところからストレスが増えているのかもしれないが、サッカー選手にはこういう時期もある。辛抱強さが必要。ストレス状態では普段通りの力を出せない。彼に必要なのはサポート。それを継続して、彼自身が自信を持つことが大事。学はチームにとって重要な選手。得点とは別のところでチームに貢献している。いまの段階でベンチスタートといったことは考えていない。

(中盤の組み合わせについて)いろいろなオプションを試している。より連動性と連続性を出せる組み合わせを探している。個人の力で違いを生み出せるプレーヤーはいない。コレクティブなプレーで違いを生み出さなければいけない。一つしかないボールに対して、どれだけの量を動いて、どれだけ動き出せるか。それができる選手が必要だ。スタートのメンバーだけでなく、交代出場する選手も含めて違いを出したい。大事なのは組織としてモビリティを出すことだ。

(仙台について)去年までは[4-4-2]で戦っていたので、システムを変えたのは驚きだった。昨年は前線にブラジル人を二人置いて推進力を出していたが、今年は広島のように低い位置にブロックを作って守備をしているように見える。甲府戦のようにボールを持つことで優位に立つ展開にしたい。ポゼッションしてゲームをコントロールするという点で、解決しなければいけない問題は甲府戦と似ている」

 

FW 16 伊藤 翔

「ゴール前での感覚と自分のコンディションは悪くない。単純に動けていると思うし、ボールの落下地点も読めている。この前のゴールはオフサイドの判定になってしまって、友だちから動画がたくさん送られてきた(笑)。今度は誰も文句の言えないようなゴールを決めたい。チームとしては連敗をようやく脱出した状況で、次のゲームに負けてしまうと甲府に勝った意味が薄れてしまう。難しいゲームになると思うけど、その中でも勝ち点3が必要」

 

 

下バナー

 

MF 14 天野 純

「練習でセットプレーを蹴っている感触は悪くない。自分がいいボールを蹴れば得点に近づくし、そういう責任を持って蹴りたい。甲府戦でもセットプレーから得点が生まれたように、難しいゲームでもセットプレーを効果的に生かすことで勝利に近付く。一つひとつのセットプレーを大事に蹴りたい。流れの中ではトップ下に入る(前田)直輝とどうやって絡むか。いい距離感でプレーすればコンビネーションを出せる」

 

GK 21 飯倉 大樹

「甲府戦で勝って連敗を止めたけど、内容はそれまで負けていた試合とあまり変わらなかった。内容はしどろもどろというか。試合後にボンバーと話したけど、この勝ち方で満足してはいけない。ただチームには経験があまりない選手もいるので、メンタルの部分でこの1勝は大きい。個人的には、アクティブにプレーする必要もあるだろうけど、チームの流れとして自分やボンバーが安定することで前線に良い影響を与えられる。攻撃がうまくいっていない状況で守備陣までバタバタしてしまうとチームは崩れる。安定させることを意識している」

 

MF 10 齋藤 学

「今週もいろいろメンバーを試したけど、最終的に決めるのは監督。その中でも選手がしっかり考えてプレーすることが大事になる。甲府戦はやろうとしていることが出始めたタイミングで点が入って、後半は怖がったプレー内容になってしまった。イージーミスが多かったのは戦術以前の問題。シーズンの最初にうまくいって、それが年間を通して続かないことはわかっていた。それでも勝ち点を積み上げていかなければ上にはいけない。個人的には相手のCBを疲れさせることを意識している」

 

DF 27 松原 健

「チームとして連敗を止めたのは良かったけど、個人的にはパフォーマンスが悪かったので納得していない。甲府戦での自分はトラップミスやパスミスといったイージーミスが多過ぎた。オーバーラップするタイミングも悪くて、背後を突かれる場面もあった。(中澤)佑二さんがカバーしてくれたから失点しなかったけど、もっと内容を突き詰めていかないといけない。仙台戦もホームで戦えるので、地の利を生かしていきたい。とにかく勝ち点を積み上げていくことで自信になるし、内容も良くなっていくはず」

 

MF 25 前田 直輝

「仙台は去年の開幕戦で負けた印象が残っている。あのときは自分が移籍加入して最初のゲームだったので特にインパクトがある。でも後半戦はしっかり勝っているし、苦手意識はない。自分の中では得点を貪欲に狙っているつもり。ただ、それはしっかり走ってボールを追いかけて、チームのためにプレーしたあとについてくるもの。ゴールのことばかりになってはいけない。トップ下は去年から長くやっている。あとは(伊藤)翔くんに怒られないようにプレーしたい(笑)」

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ