【サッカー人気5位】王道のCF、デンマークより来たる。浦和…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

富樫敬真の復帰戦と今後について

 

開始2分、中町公祐のスルーパスに抜け出した山中亮輔のクロスに対してニアサイドに走り込み、富樫敬真が左足でダイレクトシュートを放つ。「いいタイミングで打てた」という手ごたえのあるシュートはGK中林洋次の的確なポジショニングに阻まれたが、復帰戦のキックオフ早々にゴールの匂いを感じさせた。

このシーンが象徴するように、この日の富樫はクロスを受ける際のほとんどでニアサイドへのランニングを選択。同点ゴールとなった場面も、新井一耀からの折り返しを受けるためにニアサイドへ走り込み、相手DF数枚の動きと意識を引きつけた。その結果、ワンテンポ遅れて後方からゴール前に入ってきた仲川輝人がフリーになった。

自身はゴールこそ決められなかったが、両チーム合わせて最多5本のシュートを放っている。試合後は「チャンスはあったし、自分のプレー内容も悪くなかった」と前向きに語った。ストライカーの仕事は結果がすべてとはいえ「入るときは1本のシュートでゴールになるし、何本打っても入らない日もある」(富樫)。この日の結果だけで一喜一憂する必要はないだろう。

 

 

PREMIUMコースとは

(残り 706文字/全文: 1198文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 富樫敬真

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ