『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「まだまだ満足していない」(天野)・「無失点で前半を終えたことが大きかった」(富樫)他 [新潟戦後コメント]

 

【試合を終えて】

エリク モンバエルツ 監督

「今日は2試合あったような内容で、前半と後半が違う内容だった。前半は予想していたとおり新潟がアグレッシブにインテンシティ高くプレーしてきた。我々の両サイドは良いクオリティを出していたが、相手のプレッシャーがきつく思うようにプレーできなかった。ただ、前半を無失点で終えることができた。新潟はとても走っていたので、体力的に落ちてくることを予想していた。さらに連動性を高めてプレースピードをもっと高めることを選手に求めた。そして我々が先制点を挙げてからは自分たちがプレーしやすい展開になったと思う」

 

MF 14 天野 純

「前半からミドルシュートは狙っていたし、自信があった。とりあえず隅を狙うという意識だけ持って打った。うまくボールを収めることができて、相手が来ていたけどシュートコースが見えた。リーグ戦での2試合連続ゴールは初めてだけど、点を取らなければいけないポジションだと思っている。まだまだ満足していない。選手が何人か入れ替わっていたけどコンビネーションは問題なかった」

 

DF 24 山中 亮輔

「相手が前からプレッシャーをかけてくることは想定していたけど、前半はバタバタして危ないシーンが何度かあった。でも前半を失点ゼロで終われれば勝てるという共通意識みたいなものがある。きょうは前半を無失点で終われたことが本当に大きかった。後半は(齋藤)学くんが左サイドになって、カットインできる選手なので追い越して行けるし、スプリントの回数を増やすことを意識した。マルちゃん(マルティノス)の場合は一人で縦に行けるから様子を見ながらプレーしていたけど、もっと上がってもよかったかもしれない。これで上との差が縮まったと思うけど、次は中3日のゲームなので良い準備をして臨みたい。(アシストについて)ゴール前のいいところが見えている感じはある。ラッキーです(笑)」

 

 

下バナー

 

 

FW 17 富樫 敬真

「前半は全体の距離感が悪くて、僕が相手の最終ラインで我慢してCBと駆け引きしていたことが結果的に逆効果になっていた。ハーフタイムに選手間で話して、一度相手のボランチのところに降りて遊びのボールを入れてからもう一度前で駆け引きするプレーにして、それでボール回しの循環が少し良くなったと思う。前半の途中からそれに気付ければよかったけど、とにかく無失点で前半を終えたことが大きかった。プレスバックは常に意識している。でも1点目の場面は覚えていない(笑)。あとクロスに対してニアサイドに入ることもずっと続けていること。もちろん自分も点を取りたいけど、チームのためにやらなければいけないことがある」

 

MF 10 齋藤 学

「メンバーが入れ替わっている中でポゼッションの形がうまくできていない部分はあった。そういう展開の中でも後ろの選手を中心に体を張って失点せずに前半を終えることができたのはポジティブに捉えたい。後半は自分とマル(マルティノス)がポジションを入れ替えて、守備のところを修正できたと思う。ヤマ(山中)のクロスから選手が入る形もできてきたし、(天野)純のゴールも、チームとして進んでいるということ。今日の内容ではまだまだだけど、勝つことが大事。自分もゴールを決めたいけど、勝つことが一番大事」

 

DF 34 ミロシュ デゲネク

「今日は暑い中でのゲームだった。新潟がアグレッシブな姿勢で臨んできたので難しい試合になった。相手にもチャンスはあったが、自分たちはそれをなんとかセーブできた。攻撃ではシンプルにサイドをつかうことを意識してプレーして、後半に得点できた。もっと点を取るチャンスはあったと思うが、結果的に勝ててよかった」

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ