『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「新潟戦でのプレーには全然満足していない。ただマルちゃんのゴールは横取りされたと思っている(笑)」(前田)他 [札幌戦前コメント]

 

【試合に向けて】
エリク モンバエルツ 監督

「(新潟戦ではトップ下でプレーした前田の評価は?)まず、なぜ(前田)直輝をその位置で起用したか。彼はあのポジションでスペースを使いながら周りと連動できる。新潟戦でのプレーに私は満足している。特に右サイドの選手と連動して攻撃をスピードアップさせていた。それまで左右のバランスが悪く、左が70%で右が30%くらいだった。新潟戦ではほぼ50%ずつになったと思う。ただ、すべての試合でこのオプションを使えるわけではない。(天野)純が低いポジションでのプレーになってしまう。それでも一つのオプションになるだろう。
(札幌戦について)大事なことは自分たちのプレーを自信持って出し、ゲームをコントロールすること。札幌の特徴をリスペクトしながらも、守備のバランスを取りながら攻めていきたい。メンバーが変わってもチームのやり方や特徴は変わらない。札幌の特徴を見てメンバーを変えるわけではない。高いインテンシティを発揮するためにフレッシュな選手を使う。そのためのメンバー変更だ。そしてフレッシュなだけでなく、競争のレベルが高く、力を持っている選手だから使う。
(扇原と喜田の役割について)二人は中盤の底のプレーヤーだが、前へ行く力も持っている。どちらかは前へ行ってプレーしてほしい。どちらかといえば喜田にその役割を担ってもらいたい。喜田は運動量もあるので、低い位置からでも前へ上がっていける。中町と扇原のコンビがプレーしていたときと同じ役割になる」

 

MF 10 齋藤 学

「これだけ長い間ゴールを決められないことはなかなかなかった。この苦しみが自分の成長につながると思っているし、いまはとにかくチームが勝つことが一番大事。新潟に勝てたけど相手を圧倒できたわけではない。序盤は相手に主導権を握られたし、新潟が疲れてからようやくウチのペースになった。どの相手にも最初から自分たちが主導権を握ってプレーできるようにならないと上には行けない。右サイドで少し窮屈なところもあるけど、マル(マルティノス)とうまくポジションチェンジしながら崩していきたい」

 

下バナー

 

GK 21 飯倉 大樹

「無失点で終われているのは守備陣のおかげ。新潟戦でも体を張ってくれていたし、チームとしての守備意識も高い。10試合負けなしだけど、広島戦のようにもったいない引き分けを減らさないと上位には行けない。ここからは勝てるゲームをしっかり勝ち切っていきたい。いまは攻撃陣が点を取ってくれるという期待感がある。だから守備陣は我慢して守ることができる。3点も4点も取れるわけではないけど、だからこそ緊張感を持って守れている部分もある」

MF 25 前田 直輝

「新潟戦でのプレーには全然満足していない。いい形で攻撃のリズムを作れなかったし、ゴールやアシストといった結果も残せなかった。ただマルちゃん(マルティノス)のゴールは横取りされたと思っている(笑)。トップ下で意識しているのはサイドハーフやボランチとの距離感。本当は1トップの選手と近い距離を保ちたいけど、後ろとの関係性もある。前線からの守備に関しては少しできたと思うので、これからもトップ下をやるのならば貪欲に攻撃に絡んでいきたい」

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ