【サッカーパック人気5位】 【Jクラブ戦術フォーカス】ヴィッセル神戸、鹿島アントラーズ、横浜F・マ…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「点を取られても勝ったほうが気持ちいい」(飯倉)・「ラスト3分の1のアイディアをもっと増やさないといけない」(天野)他 [神戸戦後コメント]

 

 

【試合を終えて】

エリク モンバエルツ 監督

「今日は自分たちがゲームをコントロールして、神戸にはほとんどチャンスを与えなかったと思う。ただ最後のフィニッシュ、得点を決めるところがうまくいかなかった。最後のクオリティが少し足りなかった。自分たちが1点先制できていればまったく違う展開になったと思うが、それができなかった。でもポジティブなこともあった。良い流れで来ているので、このまま上位争いを続けていかなければいけない。次に向けて良い準備をしていきたい」

 

DF 22 中澤 佑二

「神戸は監督が代わって、まずは守備から入るという意識が高かった。その中でも一発ある選手がいたのでそこを警戒しながら、マリノスとしての良さを出そうとした。崩しのところまでは良かったけど、ラスト3分の1でシュートに行くときに相手は体を張っていた。そこでの打開策が見つからなかった。悪いゲームではなかったけど、優勝を目指すならば勝ち点3が必要だった。守備はチームとして守るという意識が高い。前線では(天野)純が走ってくれているし、(齋藤)学も頑張っているし、ダブルボランチも守備に気をつかってくれている。あとは強い相手と戦って失点ゼロに抑えて、なおかつ得点して勝てるかどうか」

 

MF 5 喜田 拓也

「ピンチらしいピンチは最初のシーンくらい。後半に関してはまったく怖さがなかった。ただ相手は後ろに重心がかかっていて、最後までゴールが生まれなかった。攻撃の時間はそれなりにあったので、ボールの出し入れやローテーションを工夫すること、あとは単純に3~4回あったチャンスを決め切らないといけない。手ごたえを感じる部分もあるし、良い感じに積み上がっている。あとは試合の中での対応力を上げていきたい」

 

下バナー

 

MF 14 天野 純

「今日は90分間通してゲームをコントロールできたし、チャンスもたくさん作ることができた。ラスト3分の1のアイディアをもっと増やさないといけないと上位陣との対戦では勝てない。セットプレーの感触は、個人的には悪くなかった。あとは中に入ってくる選手との関係性の問題。ボールの質が良くても入ってくる味方と合わない場面もあった。セットプレーで毎試合ゴールを決められるわけではないけど、責任を持ってプレーしていきたい」

 

GK 21 飯倉 大樹

「勝てたゲームと言えばそうだけど、後ろの選手としてはピンチもなく事前に防げたことが良かった。グラウンドが悪くて、いろいろなところで精度が悪かったこともある。勝ち点3は取れなかったけど、守備はこのまま続けていくことが大事。でも点を取られても勝ったほうが気持ちいい。スコアレスドローは意味も持たない。上位にいる以上、こういうゲームを落としてもったいない」

 

MF 10 齋藤 学

「ポゼッションはできているので、ラスト3分の1のところをどうするかがこれからの課題になる。今日のように引いた相手をどう崩すかを考えないといけない。今日は自分がマンマークされている中で、ヤマ(山中)を引き出しながらプレーできた。ただ全体的には自分の力不足を感じている。もう一つ上へ行くためにやるべきことを整理して次の試合に臨みたい」

 

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック