【サッカー人気3位】J2第13節栃木SC戦「ハイプレスを攻…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「今日くらいチャンスを作って引き分けという結果はいただけない。煮え切らない部分もある」(中町)・「修正しないといけない」(山中)他 [大宮戦後コメント]

 

【試合を終えて】

エリク モンバエルツ 監督

「今日のスタートはとても良い入り方で、すぐに得点チャンスを作ることができた。ただ、そこで得点シーンは生まれなかった。そしてウーゴ(ヴィエイラ)のけががあったが、そこまではとても良いプレーを続けていた。しかし残念ながら相手に先制を許してしまい、その後は前半の最初の方ほどチャンスを作れなかった。後半、我々がチャンスをたくさん作って得点に追いつけたこと、これはロジカルな展開だったと思う。同点に追いついた後もチャンスを作り続けたが、やはり最後のフィニッシュのところ、得点を決め切るというところができずに同点で終わってしまった。選手は最後まで全力で2点目を取りにいこうという姿勢で戦ってくれたので、そこは称えたい」

 

――フィニッシュで決め切れなかった点について、どこが問題だった?

「得点を決めることの難しさは、サッカーにおいてどのチームも直面する問題。ゴールを決めるためには、選手に経験が必要だと思う。たとえばウーゴはゴール前での豊富な経験を持っている。一方、我々の若い選手たちは、やはり経験という部分が足りなくて、ゴール前で少しためらってしまう。身体が反応するようなプレーが足りていない」

 

MF 8 中町 公祐

「(得点について)普通に打っただけ。こちらが主導権を握る時間が長かった中で、相手の最終ラインが下がって低い位置に構える場面が多かった。押し込んだ状態からマイナス方向にボールが出て、それをミドルシュートで決めるというのはいい形だった。攻撃の部分ではある程度ポジティブな部分が出たと思う。ただ、今日くらいチャンスを作って引き分けという結果はいただけない。煮え切らない部分もある。失点にしても起きてはいけないシーンだった」

 

MF 14 天野 純

「今日は自分たちのサッカーができていた。チャンスの数も多かった。後半に入って追いつけて、あと1点という展開だったけど、自分のところも含めて精度が足りなかった。思い切りの部分が足りず、自分も横パスを選択してしまった。あの時は一番確率が高いと思って選んだプレーだけど、今思えば足を振り抜いても良かったと思う。前半にボックス内で受けた場面も、そこでのターンは自分の持ち味なので決め切りたかった。やっているサッカーの内容は良くなっているからこそ、勝ちたかった」

 

 

下バナー

 

 

DF 24 山中 亮輔

「まず前半の立ち上がりに自分にゴールチャンスがあったので、そこで取らないといけなかった。クロスにしても、あれだけ場面を作れているので中にしっかり合わせないといけない。違いを出せる選手になりたいと思っているのだから、あそこまで行けているなら結果を残さないといけない。(天野)純くんが左サイドに流れてくることが多いのでトライアングルは作りやすい。でもそのぶんゴール前の人数が少なくなるのは課題。(失点場面について)ゴールキックに対してSBが開くのは約束事としてあるけど、そこではね返されると入れ替わってしまう。反対サイドの自分が気づくのがもう少し早ければ防げたと思うし、結果的に失点になっているので反省して、次に向けて修正しないといけない」

 

MF 37 イッペイ シノヅカ

「練習や練習試合でやっているメンバーなので違和感はなかった。自分のできることをやろうと思っていた。結果は出なかったけど良い部分もあった。マル(マルティノス)とウーゴ(ヴィエイラ)のように点を取れる形ができていない。それを作るにはもう少し時間が必要。(遠藤)渓太との関係も、お互いに分かり切れていない部分があると思う。コミュニケーションの面でもっと話さないといけない。左サイドは連係ができているけど、右サイドは自分が孤立気味だった。渓太も上がるか上がらないか分からない時があった。ボールを奪われたときにカバーがいるか分からないと難しいので、そのあたりは話し合いながらプレーしていた」

 

DF 18 遠藤 渓太

「右SBに慣れたわけではないし、試行錯誤しながらやっている。でも試合に出ている以上は、けが人が戻ってきてもポジションを渡したくないし、そのつもりでやっている。今日の前半は相手にスペースを消されて、自分のプレーで(シノヅカ)イッペイくんを苦しめてしまった。パスを出した後に前に走っていくのが自分のプレースタイルで、それによって背後に危険なスペースを作ってカウンターを食らう場面があった。失点場面もコミュニケーションのところが足りなかった。先に失点して苦しかったけど、それにしても勝たないといけない試合だった。もったいない引き分けになってしまった」

 

MF 20 マルティノス

「すごく残念な結果に終わった。前半にシンプルなクロスから失点してしまったが、その後に追いつくことができた。そしてチャンスも作れていたので、勝ち点3を取れるゲームだったと思う。ゴール前でたくさんのチャンスがあった。もっと落ち着いてプレーしなければいけなかったが、自分も含めて力んでしまった。ゴール前でどうやって落ち着くかが課題。今日のようなげ0務で勝ち点3を取れないのは残念。自分としてはフルタイム出場できるコンディションだったが、今日は後半途中から何か違いを出したいと思ってプレーしていた」

 

DF 22 中澤 佑二

「マチ(中町)のゴールが決まるまでは負けゲームだった。ゴールキックから失点する典型的なパターンでやられた。今日はヘディングで競れる選手がいなくて、あの瞬間は(遠藤)渓太も上がって入れ替わってしまった。一瞬の判断のところでの失点だった。ただ試合の立ち上がりは久しぶりに良かったし、ウーゴ(ヴィエイラ)もよく走っていた。でもウーゴがけがをしてしまって、(富樫)敬真がうまくゲームに入れなかった。後半はシュートまでいくけどなかなか決めきれなかった。パスが少しずれたり、パスが一つ多かったり。もう少し落ち着いてプレーしなければいけなかった」

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ