『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

磐田との2連戦、直近のリーグ鹿島戦から7選手を入れ替える模様 [天皇杯準々決勝 磐田戦プレビュー]

一難去ってまた一難になりそうだ。首位の鹿島アントラーズを総力結集で倒した次は、ジュビロ磐田との2連戦である。明日25日は天皇杯準々決勝をホームのニッパツ三ツ沢球技場で、そして中3日の29日にはアウェイ・エコパスタジアムでリーグ第31節を戦う。別のコンペティションとはいえ、同じチームとこれだけ短い期間で2試合行うのは珍しい事象だろう。

まずは、天皇杯である。毎年同じことを書いているが、今年の大会日程を見ると、この準々決勝が最大のヤマ場になりそうだ。ここを勝つと、次ステージの準決勝は12月23日に予定されている。リーグ最終節が行われる12月2日のちょうど3週間後で、つまり2017シーズンの終了時期が後ろ倒しになる。もちろん準決勝を勝てば1月1日の決勝戦までシーズンが続くわけだが、このカレンダーの仕組みが精神面に与える影響は、思いのほか大きい。

 誤解を恐れず言えば、勝てば勝つほどオフ期間が短くなっていく戦いだ。オフは来シーズンを万全の状態で戦うための準備期間でもあり、しっかりとした休息を取ることも重要な仕事だ。仮にACLに出場権を獲得した場合、シーズンインが早くなる可能性が高い。にもかかわらずトーナメントを勝ち進むと前シーズンの終わりが遅くなるリスクが伴う。それが現行のカレンダーで行う天皇杯という大会だ。そして天皇杯優勝チームにACL出場権を与えるという制度が、捉え方をより難しくしている感もある。

ちなみにベスト8に残っているのは、リーグ戦の上から6チームにヴィッセル神戸と大宮アルディージャを加えた8チーム。リーグ戦における優勝争いは鹿島アントラーズと川崎フロンターレの2チームに絞られた印象が強く、この2チームや現時点で3位のマリノスが天皇杯を優勝すると、リーグ4位のチームにACL出場権が回ってくる。今の順位をキープすれば文句なしなのだが、4位に転落したとしても可能性はある。

と、ここまでチームから離れた話をしてきたが、重要なのは3大タイトルの一つである天皇杯を勝つために戦うということ。タイトル獲得のためにはトーナメントであと3勝すればいい。その最初のハードルが明日の磐田戦となる。

 

下バナー

(残り 495文字/全文: 1400文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ