【サッカー人気5位】橋岡大樹が練習参加 ユンカーが紅白戦で…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「(キャプテンマークについて)重みのある物」(喜田)・「一人でブツブツ言いながら試合をしていた」(栗原)」他 [磐田戦後コメント]

 

【試合を終えて】

エリク モンバエルツ 監督

「前半は両チームともに守備が機能して、堅いゲームだった。我々はボールを展開するスピードが少し足りなかった。何度かセットプレーからチャンスがあったが決め切ることができなかった。ハーフタイムに要求したのは、もっとアグレッシブに戦い、球際で強さを出すこと。それを選手が後半よく実行してくれた。たとえば攻撃でランニングしていく時の強さやデュエルの強さ。それと切り替えの場面での強さもあり、磐田のラインを下げることができた」

 

MF 5 喜田 拓也

「どんな大会でもタイトルはほしい。今日は天皇杯で次のステージに進むために戦った。自分たちの時間帯ではない局面もあったけど、我慢して戦うことができたからこそ最後に得点して勝てたと思う。(キャプテンマークについて)試合前のミーティングで言われた。試合の最初から巻くのは初めてだったけど、重みのある物。周りの人に感謝しながらプレーした。でもマークをつけたから偉いわけではないし、上手くなるわけでもない。いつもと同じスタンスでプレーして、周りと協力しながら戦った。次は連戦になるけど、試合に出るために準備をして臨む。プロとして試合をたくさんできるのは幸せなこと」

 

下バナー

 

 

DF 4 栗原 勇蔵

「ベスト4に進む機会はこれまでもあった。ここからが難しいのは自分たちでも分かっている。普段リーグ戦に出ているメンバーから大きく変更すると距離感が違って難しいけど、今日はボランチのところにタカ(扇原)やキー坊(喜田)がいたし、SBもヤマ(山中)や(松原)健はリーグ戦でも出ている選手なので大きな問題はなかった。どちらが点を取ってもおかしくなかった。相手が集中を切らしたからゴールが決まったわけではないけど、ウチは最後まで集中して守ったから無失点で終われたと思う。久しぶりに出場して勝ててうれしかった。(惜しいヘディングシュートについて)シュンさんの股間で防がれた(笑)。試合中なのに笑ってしまった、決めさせてくれよって(笑)。相変わらず上手いなと思いながらプレーしていて、一人でブツブツ言いながら試合をしていた。近くにいたアダイウトンあたりはビックリしたと思う(笑)」

 

MF 18 遠藤 渓太

「前半から距離感が悪くて、いいプレーができていなかった。どうにかしてやろうと思いながらやっていたけど時間だけが過ぎていった。でも勝負どころでゴールにつながるプレーができたのは良かった。(伊藤)翔くんがいて、GKとDFの間に速いボールを入れようと思った。一番いいのは翔くんにパスが届くことだったけど、ああいうトリッキーなボールを入れたから相手も対応しにくかったと思う。今日はオウンゴールだろうなと思った(笑)」

 

MF 33 ダビド バブンスキー

「決勝点に絡むプレーができて良かった。時間の問題で得点が決まると思ってプレーしていた。シーズンの残り試合は少なくなってきているけど、チームとしてすべての試合に勝つためにプレーしている。まずは4日後のアウェイのジュビロ戦に向けて良い準備をしたい」

 

MF 14 天野 純

「自分が途中から入って守備を安定させて、攻撃が上手くいっていないと感じたのでテンポを変えたり、裏に抜けて相手を押し込もうと考えていた。そうしたらあっさり点が入って良かった。ビルドアップでボールが前に入ったときにサイドで数的優位を作れていなかった。それでやり直す回数が多かったと思う。4日後のリーグ戦ではそのあたりを意識してプレーしたい」

 

MF 6 扇原 貴宏

「我慢強く戦えていたし、点は入ると思っていた。オウンゴールだったけど(遠藤)渓太がワンタッチで折り返したからこそのゴールだった。守備で怖いのは相手のセットプレーくらいだった。シュートは打たれていたけど体を張って守れていた。前半を0-0で折り返したことで自分たちのリズムになると思った。ただ自分たちから突っ込んでボールを失う回数も多かった。ビルドアップの場面で慌てずプレーできればもっと良かった」

 

DF 27 松原 健

「前後半通じて個人的にはミスが多かった。自分のところでボールを失って相手にカウンターを食らったり、それによって失点しそうになる場面もあった。自分の前の選手と呼吸が合わない場面もあったので、そこは今後に向けて改善しないといけない。45分か60分くらいプレーする予定だったけど、試合が始まったらどういう状況になるか分からない。今日のように拮抗した展開になれば自分のところで交代カードを使うわけにもいかないので、やるからには最後までプレーするつもりで試合に入った。結局最後まで出場して、痛みはあるけどプレーはできた」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ