『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「若手の選手が多く活躍したのは彼がいたから」(古川社長) -モンバエルツ監督退任 [監督・社長囲み取材コメント全文(1)]

 

2日、横浜F・マリノスはエリク・モンバエルツ監督が今季限りで退任することを発表した。モンバエルツは2015年から指揮を執り、今季は3シーズン目を戦っていた。第31節終了時点でのリーグ戦順位は5位、天皇杯はベスト4に進出している。

この日の練習終了後、エリク・モンバエルツ監督と古川宏一郎社長、アイザック・ドルスポーティングダイレクターの3名が同席した囲み取材が行われた。以下に囲み取材の全文を掲載する。

 


 

――最初に、今回の決定についての経緯を教えてください。

古川社長
「まず、シーズン当初に掲げていた『ACL出場権獲得とカップ戦優勝』という目標がありました。そしてリーグ戦残り3試合となり、天皇杯は準決勝に進み、シーズン終盤になっても当初の目標に向かって戦えていることに対して、監督には感謝と敬意を表したいと思います。今年度末をもって監督との契約が終了するということで、監督とスポーティングダイレクターのアイザックと話をしてきた中で、3年間を一つの区切りとして次のステップに進もうと。クラブと監督の両方の意志が同じだったということで、今回の発表になりました」

 

――このタイミングでの発表になった理由は?

古川社長
「このタイミングで発表することによって、クラブとして次のステップに進むための準備が可能になります。それと次のリーグ戦まで3週間という期間がある。選手が次の試合に向けてもう一度気持ちを入れるには十分な時間があるということから、このタイミングになりました」

 

――社長からご覧になって、監督が残した成果はどんなところですか?

古川社長
「若手の選手が多く活躍したのは彼(エリク・モンバエルツ監督)がいたからというのが大きいと思います。そして先ほども申し上げたとおり、現在もシーズン当初の目標に向けて戦っていられるのは、選手の頑張りが一番ですが、監督やコーチングスタッフの日頃の準備、努力によるものだと思っています」

 

下バナー

(残り 397文字/全文: 1235文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ