『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

樋口監督「藤田は2トップの選手」 [練習試合レポート 対明治大学戦] +中澤インタビュー

 

 

【一本目】 【二本目】
【三本目】

 

1本目の30分間こそスコアレスドローだったが、2本目に入ると様相は一変した。6分のマルキーニョスの先制ゴールを皮切りに次々とゴールネットが揺れる。終わってみれば2本目のスコアは2-3。あろうことか主力組が出場したゲームで大学生に敗れてしまった。つづく3本目は控え選手中心で45分間ゲームが行われ、勝利したもののスコアは2-1とこちらも失点している。「大学生は本当に元気だね」と思わず笑ったのは中澤佑二なのだが、それにしても失点が多すぎる。

これにはたしかな理由があった。樋口靖洋監督は以下のようにゲームプランを明かす。

「負けている状況でシステムを変更したという想定だった。最初は30分ゲームだったので、残り30分というシチュエーションで

(残り 2147文字/全文: 2497文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ