『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催〈〆切間近〉

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

キャンプの夕食後、ゴールマウスを守る4人が畳の和室に集まってリラックスムードで話し始めた [F・マリノス GK陣座談会 vol.1]

実施日:11月9日(木)
インタビュアー・写真:藤井 雅彦
協力:横浜F・マリノス広報室

 

飯倉大樹、鈴木彩貴、杉本大地、原田岳。

F・マリノスのゴールマウスを守る4人はとても仲良しだ。飯倉を除く3人は今季から加入した選手だが、彼らはピッチ内外で笑顔を絶やさず生活している。

高知キャンプ中に収録したGK陣による座談会は、爆笑トークあり、マニアックトークあり、そして真面目トークありと、盛りだくさんの内容となった。

夕食後、畳の和室に集まった4人がリラックスムードで話し始めた。

 

 

 

――今日はキャンプ中の忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。

飯倉「リラックスしていいのかな?」

杉本「大樹くん、岳はもうリラックスしていますよ」

飯「あ、ホントだ」

原田「緊張していますよ!(汗)」

鈴木「さすが大物だな」

原「いやいや…」

杉「さっきも、年長者の大樹くんと彩貴くんが食事会場からそろそろ出ようとしているのに、岳はのんびりヨーグルトを食べていました。先輩を見て『自分は早めに用意しなきゃ」』という考えが一切ないんですよ」

鈴「気づけないタイプだよね(笑)」

原「すみません…」

 

 

――オープニングトークはこのあたりにして最初の質問にいきたいと思います。4人の中で最も変わっている人は誰でしょうか?

杉「彩貴くんです!」

飯「彩貴だな」

鈴「えっ?」

飯「しっかりしていると思っていたの?」

鈴「はい。真面目で平均的だと思っています」

飯「正直言って、しっかりしている選手は一人もいない(笑)。でも一番しっかりしていないのは岳だな」

 

 

原「すみません…。」

杉「でも変人ということなら、やっぱり大樹くんでしょう」

飯「大地の言動のほうががヤバいよ」

杉「盛り上げ型ですから(笑)」

飯「岳はオレと彩貴のおもちゃだな」

鈴「ですね。岳はチームみんなのおもちゃでもある」

 

――このやり取りだけで仲の良さが伝わってきます。練習中の雰囲気もすごく良さそうに見えます。

杉「そこは岳がどう感じているかですよ(笑)」

飯「岳がどう感じているのか聞きたいな(笑)」

鈴「じゃあ岳から言ってもらおう(笑)」

原「僕はプロ1年目なので、これが当たり前というか、比較対象がありません。だからちょっと分からないです…」

 

 

 

――在籍年数が最も長い飯倉選手はGK陣の雰囲気をどのように感じていますか?

飯「真面目にいこうか(笑)。オレはF・マリノスに長くいるけど、こんなに距離が近いGKグループは初めて。こんなに私生活でも一緒にいた経験はないよ。オレと彩貴と大地は家も近くて、集まろうと言い始めてから30分で集合できる。だから3人で一緒に食事することも多い」

鈴「岳は寮に住んでいるし、免許を持っていなくて公共機関だから時間がかかっちゃうんだよな」

杉「オレは通算4~5回は大樹くんの誘いを断っています(笑)」

飯「大地はけっこう断る(笑)」

杉「大樹くんのタイミングが悪いんです。ちょうど予定があったり、ご飯を食べ終わった時だったりするから(笑)」

飯「なんで先輩のオレがタイミングを合わせるんだよ!(笑)」

 

 

杉「すみません(笑)。でも、僕もこれまでのチームでこんなに距離感が近いことはなかったです。GKが4人いたら、どこかで合わない選手がいたりするものだから…」

(飯倉、鈴木、杉本の3人が揃って原田を見る)

原「えっ!?」

飯、鈴、杉「(爆笑)」

飯「岳はとにかく早く免許を取らないと!」

原「そうですね…」

杉「岳は(中澤)佑二さんにご飯連れて行ってもらうことが多いよな」

鈴「その場合は無理にこっちに来いとは言えない」

 

 

原「佑二さんには本当に感謝しています。でも、ここにいる先輩3人でご飯を食べている写真だけ送られてくるのは寂しいです」

飯、鈴、杉「(再び爆笑)」

 

――では、それぞれの特徴を言い合ってください。

飯「彩貴は練習で失点した時にキレていて、話しかけられないオーラを出す時がある(笑)」

鈴「あっ、それ大地にも言われました。でも自分では分からない」

 

 

杉「普段通り話しかけても怒っているから聞こえないんですよ」

飯「大地は短所があんまりないなぁ」

杉「岳の悪いところはたくさんありますよ」

原「えっ?」

杉「先輩を怒らせているのに、なんで怒っているのか分かっていないところ」

鈴「それはよくあるね」

飯「悪意のない悪が一番ダメだぞ!」

原(土下座しながら)「すみません…」

飯「あと岳はグローブがボロボロ」

 

 

杉「それとキックの時にダフってスパイクを壊しがち」

鈴「そしてダフった時に芝生を掘ってしまう」

飯「岳が守っていたゴール付近だけ芝生が掘れているもんな(笑)」

 

 

PREMIUMコースとは

(残り 958文字/全文: 2970文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ