『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

-F・マリノスでシュートが上手いと思う選手は? : 鈴木「渓太」 杉本&原田「翔くん」 飯倉「コサ(小坂雄樹コーチ)」[F・マリノスGK座談会vol.2]

 

【F・マリノスGK座談会vol.2】

実施日:11月9日(木)
インタビュアー・写真:藤井 雅彦
協力:横浜F・マリノス広報室

 

前回からのつづき

 

座談会第2回のテーマは、4人の生業である『GK』について。他のポジションと違い、たった1つしか席のないGKは、サッカーにおいてアンタッチャブルな存在だ。

難しいシュートを止めてもなかなか称賛されず、ゴールを許せば非難されることもしばしば。ミスが失点に直結する緊張感と隣り合わせで、そんな過酷な役割を仕事にしている彼らだからこそ見える景色がある。

GKならではのマニアックな視点や思考を、とくとご覧あれ。

 

 

 

――F・マリノスでシュートが上手いと思う選手、苦手な選手はいますか?

飯倉「オレは決まったよ。みんなで同時に言おう」

 

 

原田「絞り切れないです…」

鈴木「難しい質問だなぁ」

杉本「決まりました!」

飯「せーの!…」

鈴「(遠藤)渓太」

杉&原「(伊藤)翔くん」

飯「コサ(小坂 雄樹コーチ)」

鈴「え、コーチありですか? それなら迷わずシゲさん(松永成立GKコーチ)です(笑)」

飯「あれ?(笑)。じゃあオレは後回しにして、まずは大地と岳が名前を挙げた翔の話からしよう」

杉「翔くんはシュートパワーがあって、テクニックもあります。例えば同じパワーシューターのヤマ(山中亮輔)はシュートに入る角度がなんとなく分かるのでコースを限定できるけど、翔くんは読みにくいです」

 

 

原「ティエリ・アンリ(元フランス代表)が得意にしている、左サイドからファーサイドネットを巻いて狙うシュートありますよね? その軌道のボールが一番遠く感じるのが翔くんなんです。他の選手と少し違います」

杉「ボールの置き所が違うんじゃない?」

原「それもあると思います。あとはタイミングとか蹴る瞬間のインパクトの仕方も違うのかなと」

杉「翔くんは体の正面にボールを置くイメージがあるよね」

鈴「オレは翔と高校から一緒にやっているので癖を分かっているつもり。だからシュートが上手いとは思うけど、苦手ではないですね」

 

――鈴木選手は遠藤選手の名前を挙げていました。

鈴「渓太は、まだシュートの形がないから読めないんです」

飯「足の振りが速いよね」

 

 

鈴「そうですね。振りが速くて、でもダフったシュートが来たりする。それって“下手くそ”なんですけど、GKの立場からすると形がないから読みづらい。右足も左足も形がない。僕はそういうタイプが一番嫌です」

杉「そのシュート狙ってないだろ! みたいな感じですか?」

鈴「そうそう。ミートできないでスクリュー回転がかかっていたりする(笑)」

 

PREMIUMコースとは

(残り 1880文字/全文: 3033文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ