【サッカー人気1位】【山雅探報】J3降格。反町時代からの”…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

ユン・イルロクの確かなテクニック。ボール回しではスキルフルなプレー [練習フォトレポート]

 

この日、グラウンドでトレーニングを行ったのはミロシュ・デゲネク、扇原貴宏、中町公祐、仲川輝人、飯倉大樹、中澤佑二、ユン・イルロク、イッペイ・シノヅカ、和田昌士、鈴木彩貴、杉本大地、ダビド・バブンスキー、吉尾海夏、堀研太の14名と、別メニュー調整の飯倉大樹を合わせた15名だった。残りのメンバーは室内でメディカルチェックを実施。

ここではグラウンドに姿を現した面々のフォトレポートを掲載する。

 

 

ストレッチで左腕を高く伸ばす中澤佑二。始動日とは一変して気温が上昇したため、トレードマークの半袖で練習した。

 

背中で腕を組んで練習を見守るアンジェ・ポステコグルー監督は貫禄がある。練習中はあまり声を発さなかった。

 

チーム最年長の中澤佑二と新たに加入したユン・イルロクが体幹トレーニングの指示を聞いている。

 

体幹トレーニングでダビド・バブンスキーが見事なバランスを披露。今季はスタートから坊主頭を採用した。

 

オーストラリア代表で共闘した指揮官がやってきたことで気合い十分のミロシュ・デゲネク。

 

アンジェ・ポステコグルー監督(右)とピーター・クラモフスキーヘッドコーチ(左)が並んで練習を見つめている。

 

 

PREMIUMコースとは

(残り 380文字/全文: 940文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: ユン・イルロク

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ