「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「安室ちゃんのライブに行く!」(中澤)・「パパとして頑張る」(金井)・「練習グラウンドでの駐車が上手になること」(シノヅカ)他 [選手たちの2018シーズンの目標&テーマ]

 

 

マリノスは今日20日から石垣島での一次キャンプに入った。初日は移動後に宿泊施設内を利用して汗を流すため、その詳細をお届けすることはできない。本格的なトレーニングが始まるのは2日目以降と考えていいだろう。

そこで本稿では、U-21日本代表に招集されている遠藤渓太と家庭の事情で来日が遅れているウーゴ・ヴィエイラを除く28選手に、2018年の目標やテーマを語ってもらった。ピッチ内に限らずピッチ外での野望を明かす選手も多く、笑いあり、涙あり、真面目ありと盛りだくさんの内容となった。

なお、ここでの回答は基本的にヨコハマ・エクスプレスの独自取材によるものであり、本気度は選手個々によって異なるので、あしからず。明日からは石垣島キャンプをレポートしていく予定だ。

 

 

 


 

 

DF 24 山中 亮輔

「サッカーではフルタイム出場。サッカー以外では早寝早起きに取り組む」

 


 

MF 25 ユン イルロク

「マリノスを優勝させて、個人的にはワールドカップに出場したい。あと日本語をマスターしたい」

 

 

下バナー

(残り 1080文字/全文: 1569文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ