「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

宮崎を訪れた古川宏一郎社長とアイザック・ドルスポーティングダイレクター。ポステコグルー監督は選手を観察する場面が多い [宮崎キャンプフォトレポート]

 

 

 

 

今日9日、マリノスは1月31から10日間にわたる宮崎での二次キャンプを打ち上げた。最終日は、前日に練習試合を行っていたため軽めのメニューに終始。一般・メディアともに非公開となったが、プールなどを利用したリカバリー中心の内容だったという。

今年の宮崎は雪こそ降らなかったものの例年より気温が低く、朝晩の冷え込みが激しかった。そんな中で大きな負傷者を出すことなくキャンプを終え、開幕に向けて準備を進めた。ポジション争いは混沌としているが、新チームを作っているのだから健全ともいえる。

本稿では、主に選手たちが見せた表情をフォトレポートとしてまとめた。

 


 

 

宮崎キャンプから全体練習に合流した飯倉大樹が練習の合間に杉本大地と談笑。コンディションは問題なさそうだ。

 

栗原勇蔵と下平匠がクールダウンのランニング。下平は栗原のインスタグラムで「勇蔵くんと仲良くすることがキャンプの目標」と話していたが、たしかに一緒にいる時間が長い。

 

全体練習終了後、ピッチでポーズを取る杉本大地と松原健。背後にはアンジェ・ポステコグルー監督の姿もあるが、二人は相変わらず陽気だ。

 

アクエリアス片手に遠くを見つめる伊藤翔。間違いなく好調の様子だが、ここではあえてなのかクールな表情を見せていた。

 

PREMIUMコースとは

(残り 589文字/全文: 1191文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ