サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

二刀流にとどまらないユーティリティ性。高いサッカーセンスと物怖じしないメンタル ~自らチャンスを手繰り寄せた金井貢史~ [連載コラム: あの時、あの瞬間…]

 

 

不定期でお届けする『あの時、あの瞬間…』は、ピッチ上でのワンシーンを切り取り、選手の思考を織り交ぜながら、掘り下げていく企画だ。

2018年の初回は、チームが公式戦初勝利を挙げたルヴァンカップグループステージ第1節・FC東京戦に途中出場した金井貢史にフォーカスする。栗原勇蔵のアクシデントによって金井に声がかかったのは、誰にも予想できない開始7分の出来事だった。

 

 

 

ウォーミングアップルームからベンチに移動し、スパイクの紐を結んでいる最中だった。

「タカシ!!」

 監督やコーチングスタッフから名前を呼ばれ、すぐ異変に気付いた。キャプテンマークを巻く栗原勇蔵が座り込み、自ら『×サイン』を出していた。すぐに出場の準備を整え、ウォーミングアップする間もなくピッチへ。こうして金井貢史の2018シーズンは急きょ幕を開けた。

本職ではないセンターバックでの出番となったが、これは金井自身が手繰り寄せたチャンスだ。

話は宮崎キャンプにさかのぼる。今年のマリノスには中澤佑二、栗原勇蔵、ミロシュ・デゲネク、西山大雅、生駒仁という5人のセンターバックが在籍しているが、そのうち高卒新人の西山と生駒はJリーグ新人研修のため宮崎キャンプ序盤は不在。そのため紅白戦などを行う際にセンターバックの駒が足りず、そこで一時的にコンバートされたのが金井だった。

当初は違和感を覚えていたが、最後尾からショートパスをつなぎ、さらにハイラインを保つ独特のスタイルにすぐさま適応し、順応していく。キャンプ終盤、宮崎産業経営大学との練習試合にセンターバックとして出場。これは金井自身が志願したからこその起用法で、本職がセンターバックの西山が右サイドバックで出場する逆転現象が起きていた。

 

 

PREMIUMコースとは

(残り 1087文字/全文: 1858文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

tags: pickup 金井貢史

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題