「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

センターバックのデゲネクの相棒には金井貢史、空席となった右サイドバックにはルーキーの山田康太か [Lカップ2節 仙台戦プレビュー]

 

サガン鳥栖戦にフル出場した選手で明日のベガルタ仙台戦に先発するのは飯倉大樹とミロシュ・デゲネクの2選手のみ。それでも途中交代した中町公祐やユン・イルロクは先発し、途中出場のダビド・バブンスキーや伊藤翔、イッペイ・シノヅカといった面々もスターティングメンバーに名を連ねるだろう。

リーグ戦から総入れ替えを実施しないのはチームの基本形を残しながら戦う狙いがあるからで、プレータイムを見ながらの編成となっているようだ。少なくとも昨季のように無条件で若手が出場できるコンペティションではなくなった。「出場機会は与えられるものではなく掴み取るもの」(中澤佑二)。今シーズンのカップ戦は今後もそんな戦い方になっていくのではないか。

 

 

下バナー

(残り 1213文字/全文: 1539文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ