川本梅花 フットボールタクティクス

【フレームの外の景色】第5話:映画『オフサイド・ガールズ』を見て

フットボールロングコラム【フレームの外の景色】

映画『オフサイド・ガールズ』を見て
-苦しみの量は少なくならない、減っていくのは希望の量だけだ-

ジャファル パナヒ監督の『オフサイド・ガールズ』を紹介したい。なぜかと言えば、パナヒの最新作『人生タクシー』が新宿武蔵野館で公開されているからである。これは、2015年ベルリン国際映画祭で金熊賞に輝いている。詳細は下記URLを参照してください。

http://shinjuku.musashino-k.jp/movies/1860/

パナヒは、政府への反体制的な活動を理由に、2010年より「20年間の映画監督禁止令」を受ける。そこで、パナヒ自身がタクシー運転手に扮(ふん)して、厳しい情報統制下にあるテヘランの街に暮らす乗客たちの人生模様を描き出した作品が『人生タクシー』である。

僕たちが見ることがないイランの真実が、この映画を通して一瞬顔をのぞかせるに違いない。パナヒの映画、見に行く価値があります。

『オフサイド・ガールズ』のストーリー

イランでは、女性が男性のスポーツを公共の場で見ることを禁じている。イスラム教社会の規制の中、登場人物の少女たちは、サッカーのイラン代表が、ドイツW杯アジア最終予選で本戦出場を懸けたバーレーン代表戦を、スタジアムで見ようと孤軍奮闘する。監督は『チャドルと生きる』でベネチア国際映画祭金獅子賞に輝いたジャファル パナヒ。イランの女性問題というシリアスな題材と、サッカー観戦への熱情を表現したドラマである。

映画に求めるのは、現実ではなくむしろ一瞬の真実

イラン出身の女性英文学者のアザール ナフィーシーが書いた『テヘランでロリータを読む』(2006年 白水社)の中に、「私たちがフィクションに求めるのは、現実ではなくむしろ真実があらわになる瞬間である」と記されている。この文章の対象を映画に当てれば、次のようなことが語れるのではないか。

(残り 2264文字/全文: 3064文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ