タグマ!メディアを、携帯する。新世代のメディア、タグマ!

松沢呉一のビバノン・ライフ

前借と自由廃業の解説-「白縫事件」とは? 番外-(松沢呉一) -5,765文字-

 

自由廃業とは何か

 

vivanon_sentence救世軍が盛んに喧伝していた「自由廃業(自廃)」とは何かを理解していないと、この「白縫事件」も充分には理解できないかもしれません。

自由廃業」というものがどういうものかわかっていない人たちは、「やめようと思えばやめられたのに、監禁されてできなかった」と思い込んでいたりします。歴史を調べようとしない者たちが、お粗末な想像力を働かせるからこういうことになります。

廃娼運動が盛んになってからは、妓楼はふたたび警戒心を強めていたため、怪しい娼妓には外出許可を簡単には出さなくなっていたのですが、白縫は堂々と自動車に乗って救世軍のもとにやってきました。許可をとって外出したのか、無断なのかわからないですが、現に出る気になれば出られたわけです。「監禁されて逃げられなかった」というのであれば、自動車でそのまま逃げればよかっただけ。

そして、白縫警察や救世軍の立会のもと、妓楼と娼妓は話し合いをします。では、なぜ話し合いが必要だったのか。何を話し合ったのか。

「借金をどうするのか」を話し合ったのです。

「自由廃業とは何か」を理解するためには、「前借とは何か」を理解する必要があります。

前借は「まえがり」ではなく、「ぜんしゃく」と読み、「前借金」は「ぜんしゃっきん」と読みます。妓楼が娼妓に前もって金を渡し、その返済までは働き続けます。実際には娼妓の手に渡らず、親に渡ることが多かったわけですが、これを年期制度と言います。

金がなくなって、翌月支払いの給料の一部や全額を払ってもらう一般の前借りであれば法に抵触しませんけど、遊廓の前借は時に法律に触れるものなので、一般の前借りと区別をするために、年期制度に関わるものは「前借」という言葉を使用した方がいいかと思います。

香蝶楼国貞による角海老の錦絵。以前も説明していますが、江戸から続いた角海老と現在の角海老は直接の関係はありません。

 

マリアルース号と娼妓解放

 

vivanon_sentence

江戸時代と明治時代では、年期制度は内容が違います。そのきっかけはマリアルース(マリアルス)号にあります。拙著『闇の女たち』でも簡単に説明をしておきましたが、こちらでさらに詳しくその経緯を確認しておきます。

江戸時代は、前借によって、年期期間は身体を拘束され、労働をしなければならない契約でしたが、このような狭義の年期制度は明治以降は無効となります。

芸娼妓解放令」によるものです。

1872年、横浜港に入港した中国からペルー船籍のマリア・ルース号には、清国の苦力が乗せられており、うち一人が逃亡して、イギリス軍艦アイアンデューク号に助けを求めます。イギリス在日公使は日本政府に対し清国人救助を要請し、日本政府は奴隷契約であるとして清国人の苦力を下船させます。これを不服としたマリア・ルース号船長は訴えを起こし、苦力の扱いが奴隷契約であるなら、日本の遊女も奴隷契約だと主張。これを受けて慌てて日本政府が出したのがこの令。

このことを知っている人は、明治初頭に、遊廓が廃止されたのに、そののちまで違法で営業が続き、政府は黙認したと思っているかもしれないですが、まずはこの令を読むことを勧めます。正確に解説しているものが少ないので、そう誤解するのはもっともですが、遊廓は禁止されていないのです。

一八七三年(明治五年)十月二日に発布された太政官布告第二九五号(読みづらいので、片仮名を平仮名に直し、適宜句読点を入れた)。

 

第一条 人身を売買致し、終身又は年期を限り其主人の存意に任せ、虐使致し候は人倫に背き有まじき事に付、古来制禁の処、従来年期奉公等種々の名目をもって、奉公住為致、其実売買同様の所業に至り、以の外の事に付、自今可為厳禁事

第二条 農工商の諸行習熟の為、弟子奉公為致候儀は勝手に候得共年限満七箇年に過ぐ可かららざる事

第三条 平常の奉公人は一ヶ年宛たるべし、尤奉公取続候者は証文可相改事

第四条 娼妓芸妓等年期奉公人一切解放可致、右に付ての貸借訴訟総て不取上候事

 

第一条は、人身売買つまりは奴隷と、年期制度の禁止が内容。この場合の年期というのは前借を払うことにより、一定年数、労働を強いる制度。

第二条は、弟子奉公の限度を七年と定める内容。

第三は、修行を目的としない奉公の限度を一年とした内容。たとえば下女がこれに該当しよう。

第四は、第一条に該当する年季奉公は前借を無効として解放する内容。

ここで留意すべきは、事の経緯から娼妓、芸妓を名指しにしていますが、この令が対象とするのは、「娼妓芸妓等年期奉公人」であり、当時の日本の各産業で当たり前になされてきた年期制度、奉公制度のすべてであることです。

渓斎英泉「英泉藍摺錦絵」

 

「娼妓解放令」の中身は「年期奉公人解放令」であった

 

vivanon_sentenceこれに続いて同年十月九日に出たのが司法省布告です。

 

第一条 人身を売買するは古来制禁の処、年期奉公等種々の名目を以て、其実売買同様の所業に至るに付、娼妓芸妓等雇人の資本金は贓金と看做す、故に右より苦情を唱ふる者は取糺の上、其金の金額を可取揚事

第二条 同上の娼妓芸妓は人身の権利を失ふ者にて牛馬に異らず、人より牛馬に物の返済を求むるの理なし。故に従来同上の娼妓芸妓へ借す所の金銭並に売掛滞金等は、一切債るべからざる事

(略)

第三條 人の子女を金談上より養女の名目に為し、娼妓芸妓の所業を為さしむる者は、其実際上即ち人身売買に付、従前今後可及厳重の処置事

 

「娼妓や芸妓は牛馬と異ならないのだから、前借を返済する必要はない」とする二条がよく知られ、ウィットに富んだフレーズということなのですが、ひどい言い方ではあります。こういった蔑視を法で定めることこそがのちのちこの問題の解決を遠ざけたとも言えます。

こちらは、芸娼妓に絞った細則とでも言うべきもの。ここで禁じているのは、太政官布告に則った前借による年期奉公であり、娼妓や芸妓を禁じたのではなく、遊廓を禁じたのでもありません。

この両者の布告を合わせ、芸娼妓を前借から解放させた点をもって「芸娼妓解放令」とするのは間違ってはいませんが、芸娼妓のみに適用されたのではないのですから、正確には「年期奉公人解放令」「年期奉公禁止令」とでも言うべきです。さらに広くは「奉公規則令」とでも言うべきか。

これを「娼妓解放令」としたのは、後の廃娼運動ではなかろうか。この令が出されて間もない時期のものに、この名称を見たことがありません。「きりほどき」といった呼称があるだけ。

たとえば、国会図書館で「娼妓解放令」で検索すると、救世軍の伊藤秀吉のよく知られる著書『紅燈下の彼女の生活』(1931)がひっかかります。たしかにこの本では「娼妓解放令」という言葉を使用しています。「芸娼妓解放令」としているものはその前からありますが、これを娼妓だけが対象であるかのように見せかけたのは、この人たちだろうと思えます。

すっかりこの言葉が定着してしまったため、いまさら別の名称は使いにくいのですが、内容は上のようなものであることを踏まえておいていただけると、この令は芸娼妓だけじゃなく、女工にも適用されるってことがわかりやすくなります。

香蝶楼国貞「新吉原江戸町二丁目久喜万字屋内雲井」

 

近代の年期制度

 

vivanon_sentenceこうして、前借による労働契約、つまり狭義の年期制度は違法になります。

以降の年期制度は、雇用者が前借を出すことによって一定期間中、労働を強いることをワンパックにして契約するものではなく、借金と労働は別契約でした。

現在でも、サラリーマンが会社のローン制度を利用して家を建て、そのローンの支払いがあるため、収入を減らすことができず、会社を辞めたくても辞められないことがあるわけですが、それと同じです。これも合法であるように、娼妓と貸座敷との契約も合法です。娼妓が奴隷なら、サラリーマンも奴隷。

そういう契約でしたから、娼妓と妓楼との間の労働契約としては、娼妓はいつでも警察に鑑札を戻して辞めていいのですけど、辞めたところで借金が残ってしまいます。この当時、男であってもそうは高給の仕事は見つかず、まして女は働き口がないですから、実質的には前借が、娼妓であり続けることを強いることになります。

もし本人の行方がわからなくなると、保証人である親族に請求が行きます。しかし、そもそも金がないから娘が身売りしたわけで、まして、その後もたびたび金を借りに来るような親族に支払ってもらうことはほとんど不可能でした。

だったらとんずらすればいいわけですけど、今だってどんな立場人たちであろうとも、借金を踏み倒すために行方をくらませばいいわけで、人間関係を断って、親に迷惑がかかってもいいと思える人は少ないでしょう。

 

なぜ前借を禁止できなかったのか

 

vivanon_sentence

前借という制度に問題があったことは明らかであって、これを禁止すればよかったと誰とも思うところです。そうすれば、今と同じで、辞めたい時に辞められます。親が前借欲しさに娘を働かせることも減ります。

金が借りたければ専業の金貸しから借りればいい。その返済のために結局売春業をするしかないのだとしても、金を貸すのと働き先が同じで、辞めるに辞められない状態は不当な状態が起きやすい。

当然、この時代にも、前借廃止を主張している人たちはいました。妓楼側だって借金を踏み倒されたら痛いですから、こんな制度は不要と思っていたのは少なくないはずなのですが、できなかったのです。道徳のため、社会秩序維持のため、売春蔑視のためです。

 

next_vivanon

続きを読む

最新記事RSS

記事一覧へ

ページの先頭へ