「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

前田直輝が今季初先発。齋藤との比較に意味はない。前田は前田の仕事をするのみ [3節鹿島戦プレビュー]

 

勤続疲労とでも言うべきか、齋藤学に故障が発生した。そのため鹿島アントラーズとのアウェイゲームに帯同しない。コンサドーレ札幌戦が終わってからもトレーニングを続けていたが、水曜日の練習中に違和感を訴えて早めに切り上げた。試合前日となる木曜日の練習には参加できず、エリク・モンバエルツ監督は遠征帯同について「NOです」と欠場を明言した。

右ふくらはぎの故障だが、長期離脱にはならない。むしろ、そういった事態になることを未然に防ぐためにこの一戦を回避するという考え方が正しい。来週からはルヴァンカップも開幕し、リーグ戦も続いていく。長いシーズンは始まったばかり。トータルで考えての判断だ。

齋藤はここまで無得点ながら、逆転勝利を飾った浦和レッズ戦で2アシストを記録。天野純のCKから生まれたウーゴ・ヴィエイラのゴールも、時間を巻き戻せばCK獲得は齋藤の突破とクロスが起点だ。前節の札幌戦でも1アシストを記録し、残る2ゴールにもしっかり絡んだ。考え方次第ではここまで挙げた6ゴールすべてに関与している。ほかの誰がいなくなるよりも痛いのが事実だろう。

ただし「齋藤学が戦術」という意見は否定しておきたい。齋藤はあくまで最大の武器でしかない。

 

 

下バナー

(残り 691文字/全文: 1220文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ