「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

マリノスとしてどのようなサッカーを展開するか。苦労の大きさは、収穫の大きさにつながると信じたい [J10節 鳥栖戦プレビュー]

 

多くの選手が口を揃えたように、対戦相手云々を語っている状況ではない。相手あってのサッカーなので、性質やストロングポイントを知っておく必要はある。しかし、それを過度に意識している余裕などない。

 豊田陽平がストロングヘッダーで、新加入のイバルボに未知の魅力があること、そして右SB小林祐三は言うまでもなく守備能力に長ける。あるいはセットプレーで上がってくるであろう谷口博之にも注意したい。ひとまず個々の特徴を頭に入れ、自分たちのプレーを見つめ直したい。

いまはマリノスとしてどのようなサッカーを展開するか。ここまで無得点と悩みの深い齋藤学は「苦しい時期はシーズンの中で必ずある。この苦しみを越えればいいサッカーができる」と自らに言い聞かせるように言った。苦労の大きさは、収穫の大きさにつながると信じたい。

背番号10と対照的に好調を維持しているマルティノスは厳しい表情で言った。

「チームとして持っているものはあるのに、それを出しきれていない歯がゆさがある」

 チームと個人の両方が、ベストパフォーマンス時の出来にない。きっかけ一つでもあるが、コンディションの問題も少なからずあるかもしれない。今節、喜田拓也は負傷により出場が難しいかもしれない。その場合、中盤の底でへその役割を担うのは扇原貴宏だろう。喜田にアクシデントが発生したのは水曜日だというから、その当日のルヴァンカップ・ヴァンフォーレ甲府戦で扇原が後半早々にベンチに下がったのは、鳥栖戦を見据えてのものという推測もできる。

 

 

下バナー

(残り 464文字/全文: 1115文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ