【サッカー人気4位】「たまたま4試合を預かった立場。結果も…

川本梅花 フットボールタクティクス

#イニエスタに「君は僕が見た中でスペイン史上最も才能あふれる選手だった」と語る #シャビ 【孤独の暁と無花果の蕾】#シャビ から #イニエスタ への手紙

【孤独の暁と無花果の蕾】シャビからイニエスタへの手紙

FCバルセロナ所属のアンドレスイニエスタがヴィッセル神戸に加入することになった。

イニエスタ加入の破壊力は凄まじい。神戸によると、ファンクラブ会員が約1500人増加したと言う。また世界的な選手であることから、ツイッターなどのクラブの公式SNSのフォロワー数は、26日現在で約3万人以上が増加したそうだ。

イニエスタのチームへの合流は、ロシアW杯後になるようです。さらに、Jリーグの追加登録期間が始まる720日以降に、注目のデビュー戦を迎える予定になります。

これから紹介する文章は、バルサを去るイニエスタに対して、チームメイトだったシャビエルナンデスが送った書簡の翻訳です。これは、スペイン紙「マルカ」で公開されたものです。以下のサイトで原文を見ることができます。

http://www.marca.com/futbol/barcelona/2018/05/20/5b019a35268e3e9e118b4594.html

翻訳を担当したのは、バルセロナ在住の堀江哲弘( @tetsuhorie  )です。

なお、記事を翻訳して公開する際の著作権の問題ですが、堀江が調べたところによると、スペインの法律上違法には当たらないとのことなので、本サイトで公開することにしました。翻訳文については、私川本梅花がいくつかの箇所を校正しました。読みやすいように、日本語にした際の句読点などは原文から変えています。ただし、本文の意味内容は変えていません。

書簡というタイトルで綴られていますが、実際は「マルカ」紙の記者にシャビがイニエスタとの思い出を語っています。したがって、イニエスタに対する人称が、「アンドレス」や「彼」になっています。しかし、シャビがイニエスタに出した手紙という設定であるので、「彼」を「君」に変更して、よりリアリティをだそうと思います。

シャビからイニエスタへの書簡(前編)

アンドレス、君がプレーしているのを初めて見た時のことを今でも憶えている。僕がフベニール(Juvenil U18)で、君はインファンティル(Infantil U14)にいた時のことだったね。

クラブの誰かが僕に言ってきた。

「シャビ!下の年代にとんでもないヤツがいるぞ。みんな『うますぎる!』と言っているんだよ。彼の他に、トロイテイロってヤツもいて、そっちはマリオロサスみたいにプレーするらしい。アンドレスはお前によく似ている」

でも、最初にプレーを見た時に、僕の中ではこう思っていた。

「どこがだよ!全然俺になんか似てない。全くの別物じゃないか!」

僕より走れる。ドリブル突破もできる。サイドでプレーもできる。ダブルタッチもうまい。僕とは全然違うな、と。なぜなら、僕は「4番」で、君よりだいぶポジショナルな選手だったからだ。その時代で言えばペップ、今だったらブスケツのような選手だった。一方でアンドレス、君は「4番」であり「8番」であり「6番」であり、ウイングでさえもあった。

ボールを受ける前の体の使い方、両足を使ってのプレー、子供でありながら既にマエストロのような印象だった。今ではすっかり普通のことのように思われているけれども、当時は左足で次のプレーをするために右足でコントロールオリエンタードするのは、革新的だったんだよね。最も驚いたのは、足ですることなく体でボールを方向づけできることだった。

(君の)プレーを見るのは壮観だった。思いもしないプレーをピッチ上でやってのけていた。まるで、君の思考が聞こえてくるようなプレーをすると思ったら、その後には何も考えてないような感じで自然なプレーもしたりする。

アンドレス、君は周りと連携できていた。いつも顔を上げてプレーしていて、ボールを失うことがなかった。つまり、それはジョアンビラと一緒に何年も取り組み、その根本から体に叩き込まれたコンセプトだったんだよね。

「クソッ、俺らより4つ下かよ!?あいつ天才じゃないのか!!」

と、思ったもんだよ。

アンドレス、君は僕が見た中でスペイン史上最も才能あふれる選手だった。

とんでもない天才だと思うよ。

(残り 4706文字/全文: 6403文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ