『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

川本梅花 フットボールタクティクス

#上形洋介 今季4試合3得点もうなずける判断力【会員限定】J3第4節 #ザスパクサツ群馬 0〇1 #ヴァンラーレ八戸(@vanraure)

【警告の代弁】ヴァンラーレ八戸FW上形洋介、今季4試合3得点もうなずける判断力

2019明治安田生命J3リーグ第4節
ザスパクサツ群馬 0〇1ヴァンラーレ八戸
https://www.jleague.jp/match/j3/2019/033018/live/

3月30日の土曜日、明治安田生命J3リーグ第4節、ザスパクサツ群馬対ヴァンラーレ八戸が、正田醤油スタジアム群馬で行われた。

ホームの群馬は、就任2年目の布啓一郎氏が監督を務める。フォーメーションは「3-4-2-1」の3バック。一方の八戸は、今季より大石篤人氏を新監督に迎えている。フォーメーションは「3-4-2-1」。両チームが同じシステムで戦うことになった。システムを組み合わせた図は、以下の通りとなる。

攻撃でも守備でも決定的な仕事をこなす

この試合の最も活躍した選手は、シャドーストライカーの上形洋介だ。決勝点となった77分のゴールも見事だったが、80分の群馬CKに対する守備においても活躍を見せる。群馬の右CKから蹴られたボールは、途中出場の高澤優也が高い打点からのヘディングで、ゴールに向かった。枠内に飛び込んできたボールをゴール左側に立っていた上形が頭でクリアする。彼がクリアしなければ確実に同点弾となった状況だった。

(残り 471文字/全文: 1009文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック