田代有三はなぜオーストラリアでセカンドキャリアをスタートさせたのか?(J論)

川本梅花 フットボールタクティクス

サイドバックの前方をふさがれた場合は?【会員限定】J2第16節 #水戸ホーリーホック 0●1 #レノファ山口FC #mitohollyhock #renofa

【警告の代弁】サイドバックの前方をふさがれた場合は?

2019明治安田生命J2リーグ第16節
水戸ホーリーホック 0●1 レノファ山口FC
http://www.mito-hollyhock.net/games/14151/

6月1日の土曜日、明治安田生命J2リーグ第16節、水戸ホーリーホック対レノファ山口が、ケーズデンキスタジアム水戸で行われた。

ホームの水戸は、長谷部茂利監督が指揮を執る。水戸は「4-4-2」のフォーメーションで、中盤にボックス型のシステムを採用。霜田正浩監督率いる山口は、4月28日に行われたJ2第11節・ツエーゲン金沢戦で0-2と黒星を喫して以降、1分け4敗となっている。山口は前節・京都サンガF.C.戦[0●2]で「4-3-3」を採用。今節・水戸戦はディフェンスラインを3枚にした「3-4-2-1」で臨む。両チームのシステムを組み合わせた図は、以下の通りだ。

「4-4-2」(水戸)と「3-4-2-1」(山口)の対決。この構図は、先日掲載したJ1第14節、川崎フロンターレ対浦和レッズの分析記事でも取り上げている。ここで注目すべきは、4バックのサイドバック(SB)と3バックのウイングバック(WB)の対決である。どちらが高い位置を取って攻められるか。ここに集約される。

守備ブロックを崩す #登里享平 と #長谷川竜也 の連係【会員限定】J1第14節 #川崎フロンターレ 1-1 #浦和レッズ #urawareds #frontale

(残り 949文字/全文: 1566文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック