【サッカー人気3位】【赤黄の道標】グランパス稲垣が語る川崎…

川本梅花 フットボールタクティクス

崩壊寸前のトテナム【会員限定】プレミアリーグ第10節 リバプール 2-1 トテナム・ホットスパー

【決定的な1分間】崩壊寸前のトテナム

目次

ゲームから消えたエリクセン
選手の移籍希望と監督の独我

Premier League Matchweek 10
Liverpool 2-1 Tottenham Hotspur
https://www.premierleague.com/match/46698

マウリシオ ポチェティーノ監督が就任して6年目になるトテナムは、チーム崩壊の危機を迎えている。監督も選手も、メンタル的にそろそろ限界にきているようだ。そのことに確信を抱いたのは、10月27日に行われたプレミアリーグ第10節、リバプール対トテナム戦を見てからである。疑問だったことが確信に変わっていった。もはや監督交代しか、トテナムには復活の道はない。

ゲームから消えたエリクセン

クリスティアン エリクセンがスパーズの戦術上のキープレーヤーであることは誰もが認めるところだ。しかし、今季のエリクセンのプレーには、困難な状況を打破しようとする工夫が全く見られない。リバプール戦においては、どこにいるのか分からないくらい、ゲームから消えてしまっていた。ポチェティーノ監督は、そんなエリクセンを88分までピッチに残した。まるで何かの罰ゲームを課しているかのような采配だった。不調のエリクセンをピッチに残さなければならないほど、スパーズは厳しい状況の中いる。

(残り 1625文字/全文: 2216文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック