【サッカー人気4位】【山雅探報】[元悦対談]北九州戦の勝利…

川本梅花 フットボールタクティクス

【インタビュー】 #奥山泰裕「ずっと前から #ラインメール青森 が自分の最後の場所になるんだと」【会員限定】#reinmeeraomori

奥山泰裕「ずっと前からラインメール青森が自分の最後の場所になるんだ、と」

昨季限りで現役を引退、ラインメール青森FCのアカデミーコーチに就任した奥山泰裕に、引退とこれからについて話を聞いた。

おくやま・まさひろ/1985年11月21日生まれ。宮城県出身。ラインメール青森FC普及部スタッフ。東北学院大学→ジェフユナイテッド市原・千葉→ジェフリザーブズ→ガイナーレ鳥取→ラインメール青森FC。2019シーズン限りで引退。


――引退を決断したのはいつなの?

奥山 僕は34歳ですから。自分がいるカテゴリーを見てもJFLで、しっかりとしたサラリーをもらってプレーするにはここが潮時なんじゃないかと。別のクラブを探すにしても、自分1人なら気長に探す選択もあったかもしれません。でも家族がいますから。年が明けて1、2月まで悠長に待っていられない。それに、ずっと前からラインメール青森が自分の最後の場所になるんだと。そういう気持ちでサッカーをしていました。契約満了と告げられた時に、気持ちの中で「これで7、8割は引退だな」と思いました。

――引退すると奥さんに伝えた時の反応は?

(残り 1586文字/全文: 2063文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ