【サッカー人気4位】降格を受け止めたら『クラシコ』を観てほ…

川本梅花 フットボールタクティクス

【無料記事】サイドの攻防…八戸WBは高い位置にポジションできるか【プレビュー】J3第23節 #ヴァンラーレ八戸 対 #福島ユナイテッドFC

【プレビュー】サイドの攻防…八戸WBは高い位置にポジションできるか

明治安田生命J3リーグ第23節、ヴァンラーレ八戸対福島ユナイテッドFCが、10月17日13時からプライフーズスタジアムで行われます。

明治安田生命J3リーグ第23節 ヴァンラーレ八戸vs.福島ユナイテッドFC

八戸は前節(J3第22節)ロアッソ熊本戦を0-5で落として3連敗。6勝5分け9敗(勝点23)の11位となっています。福島ユナイテッドFCの前節、鹿児島ユナイテッドFC戦は1-1の引き分けで4試合ぶりに勝点を獲得。11勝3分け7敗(勝点36)の5位です。

八戸WBは高い位置にポジションできるか

八戸は直近2試合で2トップの「3-5-2」を採用。ただし今節は「3-6-1」に戻すと思われます。対する福島は今節も「4-2-3-1」、4バックの1トップになると予想します。


省略記号一覧

八戸は昨季途中に4バックから3バックへ変更。今季は開幕から3バックシステムを継続しています。葛野 昌宏監督はラインメール青森FC時代も3バックを用いているため、その戦術は慣れたものです。

3バックでは、両WBに与えられたタスクが重要となります。4人で守る場合、ピッチの幅を全てカバーできます。対する3バックは、DF3人とWB2人で構成。4バックよりも1人多いため守りやすいように見えますが、それほど単純ではありません。

守備局面ではディフェンスラインに5人を配置するため、中盤の人数が減ることになります。そのため3バックの八戸が福島からボールを奪う位置はバイタルエリア付近となります。ただしWBの動きが良ければ、より高い位置でのボール奪取も可能となります。

まずボールサイドのWBが中盤まで上がったら、逆サイドのWBがディフェンスラインに入る。この時、DF3人とCHはボールサイドにスライド。さらに、いずれかのSTが相手CHを「見る」守備を行うことで、もう1人のSTとCFが相手CBにプレッシャーをかけるといった具合です。

攻撃局面における両WBは、高い位置にポジショニングすることが求められます。こうすることで福島のサイドの選手、SHとSBを敵陣に押し込められます。この時、DF3人はピッチの幅を広げ、両WBの背後をケア。さらに、いずれかのCHがポジションを下げてビルドアップに参加します。対する福島はサイドでの数的優位、2(SH+SB)対1(WB)を生かすため、CFとOHがディフェンスラインにプレッシャーをかけ、八戸DFがピッチの幅を広げることを阻止しようとします。

八戸の右WBは黒石 貴哉が務めていましたが、夏に水戸ホーリーホックへ移籍。以降、高見 啓太や丸岡 悟が起用され、ここ数試合は相田 勇樹が任されています。しかし相田の適正ポジションはCH。適任者が見つからないことで、黒石の抜けた穴が、より大きく感じらます。八戸がWBに誰を起用するかを含め、サイドの攻防がポイントになります。

川本梅花

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ