【サッカー人気5位】【ドイツ便り】サンフレッチェ広島新監督…

川本梅花 フットボールタクティクス

【試合分析】水戸はFKからの失点を防ぐことができたのか?【会員限定】J2第34節 #レノファ山口FC 2-2 #水戸ホーリーホック

【試合分析】水戸はFKからの失点を防ぐことができたのか?

目次

同じようなミスでチャンスを逃す
セオリー通りの壁にできる弱点

明治安田生命J2リーグ第34節 レノファ山口FC 2-2 水戸ホーリーホック

明治安田生命J2リーグ第34節、レノファ山口FC対水戸ホーリーホックが10月17日にセービング陸上競技場で行われ、2-2の引き分けとなった。水戸は勝点49(14勝7分け13敗)で10位、山口は勝点33(8勝9分け17敗)で17位となっている。降格圏の19位、愛媛FCの勝点は32。山口は連敗を4で止めたものの5試合勝ちなしと、苦しい戦いが続く。

同じようなミスでチャンスを逃す

山口は「3-4-2-1」、水戸は中盤をボックス型にする「4-4-2」で臨む。

省略記号一覧

3バックと4バック。システムこそ違えど、両チームが目指すサッカーは非常に近いように映る。そのためか、同様のミスでチャンスを逃していた。それは76分に水戸が2-2と追いつき、オープンな展開になってから顕著となる。

(残り 1622文字/全文: 2083文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ